”辺野古反対”の県民の意思は、いつまでも固く残るだろう

沖縄県の県民投票が行われ、辺野古移設反対が72.15%の投票結果となった。賛成は19.1%だった。投票率は52.48%。県民の半数が投票に行き、あるいは半数が投票に行かなくて、投票した人のうち7割が反対し、2割が賛成した。この結果をどう見たらいいのだろう。  投票率は50%を越えていて、県民の半数が自分の意思を示した結果だと受け止められる。盛り上がりに欠ける投票だったらしいが、50%を超…

続きを読む

辺野古基地の建設に対する沖縄の人々を見守る

今日のニュースステーションで辺野古埋立地がアメリカ軍の強襲揚陸艦の接岸施設も作られるのではないかと伝えていた。つまり普天間飛行場の移設による米空軍、そして飛行場に接続する形で護岸が作られ、軍港化し、それと陸軍の部隊と合わせて、米軍の陸・海・空の一体化の機能強化が進められるのではないかと危惧していた。 国会でも、この問題が取り上げられ、この護岸が、いつの間にか200メートルから270メート…

続きを読む