NHKうたコンで歌う井上希美と小南満佑子の”ザ・ピーナッツ”

NHKのうたコンでかわいい女の子が二人、きれいなハーモニーを聞かせてくれた。ウナセラディ東京は、西田佐知子も歌っていて私の好きな曲の一つだ。こういう感じで歌ってくれたら、音楽がもっと好きになれるのだが。10分20秒辺りから。 https://plus.nhk.jp/watch/st/g1_2021052533754?playlist_id=015f3760-e630-408a-b885-a…

続きを読む

岸防衛大臣は頭をそって国民に謝れ!

防衛省が設置した東京と大阪の大規模会場でのワクチン接種について、そのシステムに問題があるのがわかり、マスコミがその問題を報じたら、それを検証したマスコミを岸防衛大臣が「悪質な行為」だと抗議した。システムについて問題があることは事前に防衛省は認識しており、その脆弱性を修正することもなく、そのまま見切り発車したのが実情のようだ。脆弱なシステムを脆弱だと指摘することは正しいことだ。間違いを間違いだと指…

続きを読む

コロナワクチンの接種が進まないと、オリンピックは無理だろうし、菅内閣は持たない

コロナ対策の新聞記事を読んでいると、菅首相の対応の鈍さ・言動にはほとほとあきれる。オリンピック・パラリンピックをどうしても開催したいようだが、明確な工程表やワクチン接種との兼ね合いなど、国民に明らかにしなければならいことは山ほどあるのに、どのようにして開くつもりか、ワクチン接種がどの程度進むのか、それで本当に国民の安全が保たれるのか、そうした重要な説明がほとんどない。緊急事態宣言の発出も、延長も…

続きを読む

憲法改正?議論するべきことは山ほどある

今日は憲法記念日。マスメディアがこぞって憲法改正への世論調査を実施し、賛成と反対が拮抗しつつある現状を報告している。それらを見るにつけ、調査の質問自体に恣意性が感じられるメディアもあり、信ぴょう性が乏しい感じもする。しかし、相対的には改憲派が勢いを伸ばし、改憲賛成に徐々に意見が集約しつつあるようだ。ただ本質的には、憲法も改正が必要なのは当たり前で、形あるものすべて変化する。変化しないものはこの世…

続きを読む

大阪市のワクチン接種予定、64歳以下は全くの未定

 大阪市のワクチン接種は思ったより遅い。これは全国平均なのか、大阪市が際立って遅いのか不明だが、こんな遅さではウイルスの感染拡大を防ぐことはできない。大阪市の現状はとても厳しい。  例えば、5月1日現在、接種券の発送は71歳以上の人に終了しているが、64~70歳の人は5月6日あるいは11日に発送され、5月8日あるいは13日に到着予定だ。一方、64歳以下の人は接種券の発送時期さえ未定である。…

続きを読む

大阪のコロナ、恐ろしい状況になりつつある

 久しぶりにこのブログに帰ってきました。  大阪のコロナを受け入れる病院がえらいことになっているらしい。大阪市消防局の発表によると、12~18日に出動した救急車の搬送先が見つかるまでの待機時間は、1時間以上2時間未満が147件、2~3時間が54件、3~6時間が57件、6時間以上が20件だったと言う。6時間以上の20件はほとんどがコロナ関連だという。また、この期間のコロナ患者に限っての救急搬…

続きを読む

菅総理は辞めてほしい。自民党・公明党はもう一度、国民の方を見るべきだ。視線がおかしい。

菅義偉のような人物を日本の総理大臣にする国民の意識を私は憂う。 この人は安倍内閣で嘘ごまかしを擁護してきた張本人だ。安倍が言う嘘を、さも嘘ではないかのように国民に知らせてきた人物だ。嘘の上塗りをこともなげにやってきた人物だ。このような人物を日本の総理大臣に担ぎ上げる自民党や公明党は何なのだろう。国民より自分らの与党としての利益を優先していのだろう。だからこの人たちの視線の先は国民の利益では…

続きを読む

Go To事業に感染拡大の根拠がなくても、人の移動を促す事業はやるべきでない

政府が推進している「Go Toトラベル」事業が医療従事者やコロナ対策分科会の尾身茂会長らから見直しを求める発言が出始めている。菅首相は国会答弁でこの事業について「感染拡大の主要な原因とのエビデンス(科学的根拠)は現在のところ存在しない」と述べて、感染拡大とGo To事業のの間には関係ないような物言いをしてきた。しかし、考えてみれば、根拠が今のところ存在しないといっても、その根拠がいまだ明確でない…

続きを読む

任命拒否、古川隆久さんの新聞インタビュー記事の抜粋

歴史学者・古川隆久(ふるかわたかひさ)さんの11月19日朝日新聞11面のインタビュー記事を読んでいると、学術会議の任命拒否がいかに重要な問題であるかわかる。 戦前、第一次近衛内閣で文部大臣になった陸軍大将の荒木貞夫は日ごろから精神教育の大切さを主張していました。彼は帝国大学の総長や教授の人事に介入しました。大日本帝国憲法には大権、つまり天皇の権限として文部官を任免することが規定されています…

続きを読む

6名の推薦者除外は社会を分断し、異質なものを排除しようとする安倍・菅政権のあってはならない政策であり、考えだ

菅首相は予算委員会の席上、二之湯議員の質問で、学術会議任命について「事前調整が従来行われていたが、今回そうしたものがなく、任命を拒否することになった」旨の発言した。  菅首相の言う事前調整というのは、朝日新聞記事によれば、次のようなことだ。  2016年大西前会長時代、3人の補充人事を決める際、官邸から推薦名簿を提出する前に候補者名簿の提出を求められてきたという。それで3ポストに優先順位…

続きを読む

菅総理、民主主義を語る前に正義を語れ、真実を語れ!

学術会議の候補者6名が菅首相に任命されなかった背景が徐々に明るみにされてきたが、その核心はいまだ不明だ。菅首相が初めのころ言っていた、「総合的・俯瞰的な・・・」や多様性などからは、やはり6名の任命拒否の理由には程遠い。6名が拒否されれば、総合的俯瞰的になるのかや、あるいは99名には多様性があり、6名には多様性がないのか、と問われれば、答えようが無い。こんな意味のない答えでは、だれだって承知できな…

続きを読む

自民党・二之湯議員の質問と菅総理の答弁~会議への事前調整働かず、任命せず

学術会議への政治的介入は安倍内閣から継続的に行おうとする意志が明確になってきた。安倍内閣は人事権を使って自分らの考えや政策に合致する官僚を選び、反対する官僚を退けるという方法で、従来の国会答弁や考えを自分らの都合のいいように解釈して政策を推し進めてきた。それは従来の見解を勝手な法解釈によって変えるという、極めてあくどい、非民主主義的な方法によるもので、国会審議や多くの人の議論を経たものでなく、根…

続きを読む

菅首相の国会答弁聞いても、なぜ、任命されなかったのか意味不明だ

学術会議の推薦者の任命拒否について、世間一般から菅首相のおかしな答弁への批判が高まっている。 まずもっておかしな答弁の代表は、10月はじめに行われた記者会見での「総合的・俯瞰的な活動を求める観点から・・・」という言葉だ。10月29日には国会で代表質問がはじまり、立憲民主党枝野幸雄氏の代表質問に学術会議の問題について次のように答弁している。  菅首相は「過去の国会答弁については知っています…

続きを読む

学術会議の任命拒否は「学問の自由」への不当な弾圧だ

やっと国会の論戦がスタートした。でたらめな菅総理と野党との対決が見ものだ。菅総理は学術会議の6名の任命拒否について、枝野代表の質問に対して「民間出身者や若手が少なく、出身や大学にも偏りがでないことも踏まえた多様性を念頭に、私が任命権者として判断を行ったものだ」(WEB上の記事、朝日新聞デジタル)と答えたそうだ。この返答を見ても、いかにでたらめな返答だかわかる。 「学術会議」の人員に多様性を…

続きを読む

菅総理そのものが税金の無駄づかいだ。こんな公務員はいらない。天皇も論理的に総理の任命を拒否できるだろう

菅政権が学術会議が推薦した候補者6名を任命しないなら、学術会議はどういう方策がとれるのだろう。法律的には法に違反したり、憲法に違反している可能性が高いから、検察庁に訴えたり、裁判所へ訴えたりできるだろう。しかし、もうすぐ国会が始まり、野党が黙っていないだろう。検察や裁判に訴えるより先に国会での審議が先だろう。  国会ではどういう審議がされるのか。まずもって、菅総理が記者会見の場で「105名…

続きを読む

映画「忖度政治」ーこういう映画があればたぶん面白いだろう

こういう題名の映画を作って欲しいな。「忖度政治」(日本社会の基底をなす嘘・格差・分断)。 あらすじはこうだ。自分の不都合なことは言わない。相手が尋ねても、人事のことだからとか、忘れたとか、記憶にないとか・・・ごまかす。専門家の意見はそれが不都合なら、その専門家を外して、自分の意見に従順な専門家を呼び、従わせる。自分の意見以外は聞かない。うるさい奴は、外へ飛ばす。間違いを指摘されれば、論理を…

続きを読む

日本学術会議前会長・山極京都大学前総長「民主主義の大きな危機」と訴える

今日の朝日新聞夕刊の記事で、日本学術会議が推薦した候補者105人のうち6人が任命されなった問題で、前会長の山極寿一・京都大学前総長が同会議が主催するシンポジウムで次のように語ったという。  山極氏は人類学者として参加し、冒頭であいさつした。 「国の最高権力者が意に沿わないものを理由なく切る、(さらに)問答無用であるという風に明言すると、その風潮が日本各地に広がることが懸念される。これは民…

続きを読む

菅総理は『学問の自由』を守る意義を再確認せよ!

菅政権・日本政府のでたらめな対応には、怒りとともに諦めというか、もうどうでもいいというか、虚脱感にも似たやるせなさというような複雑な感情が混じる。一体、この人たちには常識があるのか、あるいは同じ日本人なのか、どういう思考をしているのか、という何とも言えない感情が沸いてくる。多分、トランプ政権のアメリカの多くの人々も一種の虚脱感のようなものがあるに違いない。それは、これほどコロナが流行っているのに…

続きを読む

菅総理は現日本国憲法下と一線を画す民主主義の破壊者であり、人に恐怖を与える政治家なのだろう

今日の午後7時のNHKニュースでの日本学術会議への任命拒否の問題で、菅首相がそれに対して理由を説明していた。詳しくは思い出せないが, 学術会議の会員は公務員で、手当てが出て、年間の会議の費用は10億円かかっている。いわゆる行政の下部組織だ。また時代や情勢が変われば、過去において形式において任命だけだったのが、それを拒否することは全然問題がない、そういうようなことを言っていたと思う。 行政…

続きを読む

菅政権の不見識さ(金、数、過信)が、学術会議にも出ている

菅首相が日本学術会議の推薦候補から6氏を除外したことについて、安倍内閣の路線と軌を一にしているといえるのだろう。これまで内閣が憲法上無理だと言ってきたのを、解釈により集団的自衛権を認めるようにしたのも、その前に内閣法制局長官を恣意的にすげ替え、意にかなう人を持ってきたように、森友・加計学園、桜を見る会と公文書改ざんやお友達の優遇、不明朗な公金支出、嘘偽りの国会答弁と国会軽視発言、公務員への恫喝、…

続きを読む