韓国頑張れ、野党に代わり安倍内閣と対峙してくれ

今の日本人がおかしいのか、私がおかしいのかよくわからないが、ネット上で反日とか言って知識人やマスメディアを非難したり、嫌韓とか言って韓国の人を馬鹿にする人々の思考がよく理解できない。そんなことを言うより、なぜ、安倍首相のでたらめさを問題にしないのかの方が、不思議だ。  韓国の言論の方が当たり前のことを言っているように思う。例えば、韓国政府は最近、福島原発の汚染水処理について在韓国関係者を呼…

続きを読む

田島長官とのやり取りで、南京事件について昭和天皇「実にひどい」との感想

 初代宮内庁長官の田島道治氏と昭和天皇とのやり取りを記した手帳やノートがNHKにより一部報道機関に公開された。朝日新聞にはその発言の一部が公開されている。それ等の文章はNHKスペシャルとして放送された映像と重なるが、ただ、放送と異なり文章として記されているので、天皇の気持ちのより詳細を感じ取ることができると思う。 その中で、意外な言葉が表明されていた。それは南京事件について発した言葉で、次…

続きを読む

サンフランシスコ講和発効式典で「戦争責任」を「言葉」として残しておきたかった昭和天皇

15日と今日の二日にわたり、午後9時からの NHKスペシャル「全貌2.26事件」と「宮内庁長官の極秘資料・・・」の2編を観た。ともに戦争の真相を捉えたNHKらしい見ごたえのある特集だと思う。本をほとんど読まない私にとって、戦争の実相を知るうえで、貴重な知識を与えてくれたと思う。  「2.26事件」は言葉としてよく聞くが、どういうことかよく知らなかった。このテレビ番組によると、1936年(昭…

続きを読む

政治状況を越えた作品こそが芸術だ。芸術は政権の宣伝であってはならない

息が詰まりそうな窮屈な社会で、文学や音楽、芸術は窮屈な社会の一つの息抜きであり、新たな活力や知識を与えてくれるものだろう。テレビがある面、受動的な情報であるのに対して、文学や芸術は創造・鑑賞とも、人の主体的な働きかけが必要だ。人間というものは常に外への働きかけを必要としている。外への働きによって、パンを得て、人とコミュニケーションをとり、家族を育て、社会が形成されてきた。  そうした外への…

続きを読む

「ガダルカナル戦」海軍と陸軍の意思、不通(一木隊全滅の真相)

昨日、晩9時放送のNHKスペシャルで「地獄のガダルカナル戦 ・・・」を観た。日本軍が太平洋南方のガダルカナル島に飛行場を建設していたが、それを米軍に奪われ、それを取り返す作戦が陸軍・海軍共同で行われた。その争奪戦が「ガダルカナル戦」で、そこでは1万だったか3万人だったか忘れたが、日本軍が全滅した。  最初、飛行場奪取のため送り込まれたのは陸軍精鋭部隊の一木支隊という1000名あまりの部隊だ…

続きを読む

表現の自由は人間の自由獲得の歴史であり、首長個人がいい悪いを決めることはできない

「表現の不自由展・その後」で「ガソリン缶をもってお邪魔」とファックスで脅迫状を送った男が威力業務妨害罪で逮捕された。今日の朝刊では、この男は年齢が59歳、愛知県稲沢市在住の会社員とだけ書かれていた。警察のこの素早い逮捕という知らせには驚いた。警察権力が本気で動いたのだろう。とても喜ばしいことだ。  気に食わないからと言って、ガソリンをまかれてはたまらない。京都アニメの火災の記憶が新しいだけ…

続きを読む

「非国民」から「反日」へ。「その後」の日本の言論状況。

「表現の不自由展・その後」が中止になったという。大阪にいてほとんど話題に上がっていなくて、こういう企画展があったなんて知らなかった。もし早く知っていたなら、必ず見に行っていたのだが。それにしても、なんと面白い企画なのだろう。これまで、公共の施設で作品が撤去されたものばかり集めて、それを表現の不自由展と表現し、その後を展覧会として開催するなんて、私など思いもよらない素晴らしい発想だ。  もし…

続きを読む

日本政府は弱い者(韓国)いじめをやめよー隣国同士不幸だ

 ネット上のニュースを見ていると、韓国では日本製品の不買運動が起きている一方、そうした行為を自制しようとする声もあるそうだ。  例えばもし、アメリカが日本を「ホワイト国」から除外して、貿易管理を厳しくしようとしたら、日本ではアメリカへの反発が広がるだろう。そして、なぜ、その理由は、具体的な証拠は?と考えるだろう。  これと同様、今の日本政府の対応は韓国にはどう映るだろう。日本政府が…

続きを読む

池上氏に「選挙に頑張ったところに予算をつける」と言い張る自民党二階幹事長

自民党の二階幹事長の発言には前々から、ちょっとおかしなことを言う人だなという感じを抱いていた。ネットのヤフーニュースにテレビ東京の選挙特番で、池上彰と二階幹事長が言い合いをしたことが出ていた。そのニュースの発信はスポーツ報知だから、全面的には信用できないが、つまりこういうことなのだ。  二階幹事長は6月末、「選挙を一生懸命頑張ったところに予算をつけるのは当たり前」と発言して、野党から批判を…

続きを読む

秋田市のイージス配備、安倍首相「どうしても必要だ」

 朝日新聞によれば、参議院選挙の秋田選挙区では、野党候補がリードしているそうだ。  ここは自衛隊が陸上配備型迎撃(げいげき)ミサイルシステム「イージス・アショア」を配備しようとしたが、その選定経過に嘘やでたらめが発見され住民の反発を買った。そのため、現職の自民党候補は、謝罪に終始し、アショアの配置の是非には触れずにいるという。しかし、安倍首相は13日に秋田入りした際、イージス配備が「どうし…

続きを読む

谷山浩子の「朝の扉をひらく時」をyoutubeにアップしました

作詞・作曲・歌唱、谷山浩子の「朝の扉をひらく時」をyoutubeにアップロードした。この曲はアルバム「ねこの森には帰れない」(1977年5月発売)に収められた、A面の一番最初の曲で、当時はそれほど印象に残っていなかった。このアルバムでは「おはようございますの帽子屋さん」や「ねこの森には・・・」がやはり印象深かったと思う。しかし、何十年ぶりかで聞き直してみると、「川のほとりに」や今回アップした「朝…

続きを読む

安倍首相による、行政府と国会を混同した「ずるがしこい宣伝」(ヤフーとタイアップ?)

あなたはこの権力の異常さに気付いているのだろうか。ヤフーのホームページをクリックすると、日本の首相であり、自民党総裁でもある安倍晋三が映し出され、自民党の宣伝で「アベノミクスで雇用が拡大し、されに所得の増大を目指します」という宣伝が右肩に映し出される。日本の首相であるから、安倍内閣の政策を宣伝するのはいいが、何かおかしくないか。安倍内閣は行政組織だろう。なぜ、自民党の宣伝に「首相である安倍が出て…

続きを読む

映画「主戦場」を見てー慰安婦問題の根底には太平洋戦争の美化?

昨日、大阪・十三にあるシアター「seven]という小劇場風の映画館に「主戦場」という映画を見に行ってきた。監督は日系アメリカ人の「ミキ・デザキ」という人で、youtuberなのだが、慰安婦問題という日本の右翼と対峙しなければならない難しい問題に真正面から取り組んだ。この映画には日本の右翼の代弁者と目される、杉田水脈衆議院議員や桜井よし子、ケントギルバート、右翼の人物、「日本会議」議長らの面々が出…

続きを読む

事実の隠ぺい、改ざん、嘘、忖度、地位を利用した脅し・・・数え上げればきりがないでたらめ内閣

 安倍内閣の特徴を一言でいえば、どういえるのだろうか。そのことをしばしば考える。一言でいえばたぶん「嘘つき内閣」だろう。もっと丁寧に言えば「事実の隠ぺい、改ざん、嘘、忖度、地位を利用した脅し、歴史修正主義者」が一番近いだろうか。この安倍内閣では、次から次に問題が起きるたびに、その言動が嘘や忖度や隠ぺいや改ざんと結びつく。最近では統計不正問題。もう忘れ去ってしまったが。  金融庁の諮問会議が…

続きを読む

安倍政権の嘘つき体質が社会をひずませ、人は負の連鎖を実感し始める

 19日に行われた党首討論が何とも言えぬ日本の社会・政治・人間性がいかに低レベルかということを表しているようで、何とも悲しいね。日本人同士、もう少し話がかみ合ってもいいと思うが、今の状態では外国人同士が、つまり中国語をしゃべる人間と日本語をしゃべる人間がソウルで話をしているようで、いくら話をしても、双方が理解不能で、つまり相手の言葉を敬意をもって聞こうとしないので、わめいているに過ぎない感じだ…

続きを読む

「美しい日本」こそ大ウソだ―参議院選挙で敗北するのを願うばかりだ

 問題が出ればすべて官僚に責任をなすりつける、卑怯でずる賢い政権だ。それが安倍政権であり、自民党・公明党政権だと思う。  これまでの日本の歴史は国民に死ぬ思いをさせながら、指導者たちはその責任をとらない卑怯者ばかりだ。日本が美しいなどとどうして言えるのか。国民の苦しさを知っていたら、こんな言葉など言えない。   歴史を改ざんし、真実さえも書き換え修正する政権だと思う。  参議選挙…

続きを読む

日本政府そのものがうそやでたらめが多く、官僚も忖度を公言、社会不安を高める

老後の生活費が2千万円不足するという、審議会の報告書を、安倍内閣の麻生財務兼金融大臣は受け取らないという。それは政権の考え方と違うからだと言う。報告書の内容は「毎月5万円不足し、30年で2000万円の取り崩しが必要」との内容。それに対して、麻生大臣は「政府のスタンスと違うため」と言い、国会答弁した金融庁の官僚は「金融庁の対応が配慮を欠いたもので、多くの人に不安な気持ちをいだかせたことを深く反省…

続きを読む

戦争の本質を知らない丸山議員は辞職して勉強しなおすべきだろう

衆議院は元日本維新の会の丸山穂高衆議員議員に対し、議員辞職を促す「糾弾決議」を全会一致で可決した。これで、衆議院の意思が示されたわけで、丸山氏の対応が注目されている。丸山氏は衆議院に提出した弁明書では辞職を否定し、最終的には選挙で判断されるべきだとしている。  丸山氏はまだ35才であり、戦争というものの悲惨さを勉強していないのだろう。先の戦争がどれほど悲惨であり、多くの人が自分の意志と…

続きを読む

私がなぜ、安倍内閣を「嘘つきでたらめ内閣」と表現するのか

安倍内閣はでたらめと、私がブログでつぶやいているが、なぜそういうことを言うのか、言いすぎではないかと思う人もおられるだろう。私も少し言い過ぎかもと思う。しかし、安倍首相が21日の細田派総会で、民主党政権を「悪夢の時代」とかいう表現を使って、口汚くののしっていると、新聞で書かれていたから、私も「嘘つきでたらめ内閣」と言ったのだ。本当なら、こういう表現は使いたくない。人にしろ、内閣にしろ、嘘つきと…

続きを読む

知事が自民県連に謝罪する?神奈川県民の自尊心を踏みにじる行為だ

神奈川県知事はどこを向いて政治をしているのだろうか。  神奈川県自民党の参議院選挙の決起大会に出席した際、「(この決起大会は)参議院だけでいいのか」とか「わが自民党は特別な存在感を示している。神奈川県には総理候補が3人いる。すごいですね。『令和おじさん』と呼ばれていきなり浮上したすばらしい方もいらっしゃる」と挨拶を述べたらしい。  これに対して、自民党県連は不快感を示し、正式に文章…

続きを読む