秋田市のイージス配備、安倍首相「どうしても必要だ」

 朝日新聞によれば、参議院選挙の秋田選挙区では、野党候補がリードしているそうだ。  ここは自衛隊が陸上配備型迎撃(げいげき)ミサイルシステム「イージス・アショア」を配備しようとしたが、その選定経過に嘘やでたらめが発見され住民の反発を買った。そのため、現職の自民党候補は、謝罪に終始し、アショアの配置の是非には触れずにいるという。しかし、安倍首相は13日に秋田入りした際、イージス配備が「どうし…

続きを読む

谷山浩子の「朝の扉をひらく時」をyoutubeにアップしました

作詞・作曲・歌唱、谷山浩子の「朝の扉をひらく時」をyoutubeにアップロードした。この曲はアルバム「ねこの森には帰れない」(1977年5月発売)に収められた、A面の一番最初の曲で、当時はそれほど印象に残っていなかった。このアルバムでは「おはようございますの帽子屋さん」や「ねこの森には・・・」がやはり印象深かったと思う。しかし、何十年ぶりかで聞き直してみると、「川のほとりに」や今回アップした「朝…

続きを読む

安倍首相による、行政府と国会を混同した「ずるがしこい宣伝」(ヤフーとタイアップ?)

あなたはこの権力の異常さに気付いているのだろうか。ヤフーのホームページをクリックすると、日本の首相であり、自民党総裁でもある安倍晋三が映し出され、自民党の宣伝で「アベノミクスで雇用が拡大し、されに所得の増大を目指します」という宣伝が右肩に映し出される。日本の首相であるから、安倍内閣の政策を宣伝するのはいいが、何かおかしくないか。安倍内閣は行政組織だろう。なぜ、自民党の宣伝に「首相である安倍が出て…

続きを読む

映画「主戦場」を見てー慰安婦問題の根底には太平洋戦争の美化?

昨日、大阪・十三にあるシアター「seven]という小劇場風の映画館に「主戦場」という映画を見に行ってきた。監督は日系アメリカ人の「ミキ・デザキ」という人で、youtuberなのだが、慰安婦問題という日本の右翼と対峙しなければならない難しい問題に真正面から取り組んだ。この映画には日本の右翼の代弁者と目される、杉田水脈衆議院議員や桜井よし子、ケントギルバート、右翼の人物、「日本会議」議長らの面々が出…

続きを読む

事実の隠ぺい、改ざん、嘘、忖度、地位を利用した脅し・・・数え上げればきりがないでたらめ内閣

 安倍内閣の特徴を一言でいえば、どういえるのだろうか。そのことをしばしば考える。一言でいえばたぶん「嘘つき内閣」だろう。もっと丁寧に言えば「事実の隠ぺい、改ざん、嘘、忖度、地位を利用した脅し、歴史修正主義者」が一番近いだろうか。この安倍内閣では、次から次に問題が起きるたびに、その言動が嘘や忖度や隠ぺいや改ざんと結びつく。最近では統計不正問題。もう忘れ去ってしまったが。  金融庁の諮問会議が…

続きを読む

安倍政権の嘘つき体質が社会をひずませ、人は負の連鎖を実感し始める

 19日に行われた党首討論が何とも言えぬ日本の社会・政治・人間性がいかに低レベルかということを表しているようで、何とも悲しいね。日本人同士、もう少し話がかみ合ってもいいと思うが、今の状態では外国人同士が、つまり中国語をしゃべる人間と日本語をしゃべる人間がソウルで話をしているようで、いくら話をしても、双方が理解不能で、つまり相手の言葉を敬意をもって聞こうとしないので、わめいているに過ぎない感じだ…

続きを読む

「美しい日本」こそ大ウソだ―参議院選挙で敗北するのを願うばかりだ

 問題が出ればすべて官僚に責任をなすりつける、卑怯でずる賢い政権だ。それが安倍政権であり、自民党・公明党政権だと思う。  これまでの日本の歴史は国民に死ぬ思いをさせながら、指導者たちはその責任をとらない卑怯者ばかりだ。日本が美しいなどとどうして言えるのか。国民の苦しさを知っていたら、こんな言葉など言えない。   歴史を改ざんし、真実さえも書き換え修正する政権だと思う。  参議選挙…

続きを読む

日本政府そのものがうそやでたらめが多く、官僚も忖度を公言、社会不安を高める

老後の生活費が2千万円不足するという、審議会の報告書を、安倍内閣の麻生財務兼金融大臣は受け取らないという。それは政権の考え方と違うからだと言う。報告書の内容は「毎月5万円不足し、30年で2000万円の取り崩しが必要」との内容。それに対して、麻生大臣は「政府のスタンスと違うため」と言い、国会答弁した金融庁の官僚は「金融庁の対応が配慮を欠いたもので、多くの人に不安な気持ちをいだかせたことを深く反省…

続きを読む

戦争の本質を知らない丸山議員は辞職して勉強しなおすべきだろう

衆議院は元日本維新の会の丸山穂高衆議員議員に対し、議員辞職を促す「糾弾決議」を全会一致で可決した。これで、衆議院の意思が示されたわけで、丸山氏の対応が注目されている。丸山氏は衆議院に提出した弁明書では辞職を否定し、最終的には選挙で判断されるべきだとしている。  丸山氏はまだ35才であり、戦争というものの悲惨さを勉強していないのだろう。先の戦争がどれほど悲惨であり、多くの人が自分の意志と…

続きを読む

私がなぜ、安倍内閣を「嘘つきでたらめ内閣」と表現するのか

安倍内閣はでたらめと、私がブログでつぶやいているが、なぜそういうことを言うのか、言いすぎではないかと思う人もおられるだろう。私も少し言い過ぎかもと思う。しかし、安倍首相が21日の細田派総会で、民主党政権を「悪夢の時代」とかいう表現を使って、口汚くののしっていると、新聞で書かれていたから、私も「嘘つきでたらめ内閣」と言ったのだ。本当なら、こういう表現は使いたくない。人にしろ、内閣にしろ、嘘つきと…

続きを読む

知事が自民県連に謝罪する?神奈川県民の自尊心を踏みにじる行為だ

神奈川県知事はどこを向いて政治をしているのだろうか。  神奈川県自民党の参議院選挙の決起大会に出席した際、「(この決起大会は)参議院だけでいいのか」とか「わが自民党は特別な存在感を示している。神奈川県には総理候補が3人いる。すごいですね。『令和おじさん』と呼ばれていきなり浮上したすばらしい方もいらっしゃる」と挨拶を述べたらしい。  これに対して、自民党県連は不快感を示し、正式に文章…

続きを読む

安倍内閣は嘘つきでたらめ内閣だ。

 国民のほんの一部なのだろけど、ネット上では政権擁護の言動が目立つ。不思議でしようがない。なぜ、これほどまでにうそやでたらめを公然と口にしている政権を擁護するのか理解できない。北朝鮮へは、これまで厳しい対応をすると言ってきたが、今では無条件に話し合うとか言っている。国際情勢がかわれば変わるのは仕方がないが、それへの変化ついて国民への説明はない。説明なしに変えるのなら、それは嘘つきだ。  ロ…

続きを読む

中国法制史の専門家-「令」と「和」はピックアップであり、熟語でなく、造語だ

新しい元号「令和」は、その成り立ちからすると、やはり造語になるらしい。  中国法制史が専門の龍谷大学富谷教授は5月15日の朝日新聞夕刊の「中国の元号」というコラムで、インタビュー記事にこたえる形で次のように述べている。  「中語でも日本でも元号は熟語でした。「令和」は万葉集から、ふたつの漢字をピックアップして2字の造語にしたので、これまでの元号と比べ、あまりない語構成ですね」と述べ…

続きを読む

劇団きづがわ「鶴彬ー暁を抱いて」を見て(大阪春の演劇祭り公演)

今日は何年、何十年ぶりかで演劇を見た。音楽のコンサートはクラッシックを聞きに時たま足を運ぶが、演劇はほんと久しぶりだ。若いときは小劇場があって、いろいろな劇団が活躍していたが、今は劇団四季とか大手の演劇が華やかだから、小劇団の演劇は見る機会がなかった。それが劇団を主宰している人と出会って、今度上演するからぜひ見に来てと言われ、有料のチケットが送られてきたのだ。  会場は大阪人権博物館(リ…

続きを読む

ザ・ナターシャセブン 「私に人生と言えるものがあるなら」

 ザ・ナターシャセブンのレコード全集の中の1曲をyoutubeに投稿した。レコードを録音して、全集からの写真を一部ピックアップして、コピーした。著作権の侵害を一番心配したが、その楽曲は著作権の保護がかかっているものの、広告などにより利益を得ない限り、youtubeへの投稿は許可されているとのことだ。特に広告収入を得ようとはしていないので、問題なしだった。  ザ・ナターシャセブンは個人的には…

続きを読む

森昌子 東京なんて大嫌い

 1977年5月に発売された森昌子18歳の時のLPレコード[出発の詩集〈港のまつり〉」の中の1曲。このLPの中ではあまりいい印象がなかった曲だが、このステージの歌声は、それなりの説得力がある。  追伸  この歌は「大嫌い」と言いつつ、そこには別の違った意味合いや愛情が東京に対してあったわけで、今の日本ように、「好きか嫌いか」と単純に思考を2分化した言葉の使い方をしていないわけで、森昌子や…

続きを読む

自衛隊を憲法に書き込む?国民が自衛隊(軍事力)に従わなければならない

自衛隊を憲法に明記するようにする憲法改正案を自民党はまとめているらしい。そのことについて、安倍首相は憲法の内容は変わらないとか言っている。変わらないなら、何も憲法を改正する必要はない。変わるからこそ、何とか自衛隊を書き込みたいのだろう。  自衛隊を憲法に書き込めばどうなるのか。個人的に思うことは、それは恐ろしいことだ。憲法に自衛隊を書けば、それを非難できなくなる。防衛費が増大しようが、沖…

続きを読む

youtubeで夜型?でも、睡眠不足は百害あって一利なし、とのこと

youtube視聴で睡眠不足にならないように注意しましょう。今日の朝日新聞オピニオンページで、筑波大学の睡眠研究機構の教授が「だまされたと思って、1週間でいいからいつもより1時間長く眠ってみてください」と言っている。  教授は「『寝る間も惜しんで働く』と言いますが、日本人の労働生産性は欧米より、すごく低くなっています。最大の原因は睡眠不足です。生物の根源的欲求の中で睡眠だけがまとまった時…

続きを読む

新元号、首相が有識者会議前に皇太子へ素案を説明。憲法違反の可能性も

 今日の朝日新聞朝刊1面見出しで新元号「令和」の決定過程において、安倍首相の意向が働いていたことや事前に皇太子へ元号素案を説明しており、そのことが憲法違反の可能性があるなどと書いてある。こうしたことはすでに共同通信が発信していたが、朝日新聞もそれを追認したようだ。こうした安倍政権の不透明さは、ことあるごとに生じており、何かするたびにその周りを忖度や法律違反、憲法違反状態に誘い込むようだ。 …

続きを読む

宇宙は明るいのか、暗いのか。結論「明るい」のだ。

 どうでもいい話なのだろうけど、宇宙は明るいのか暗いのか。こういう質問に対して、皆さんはどう答えるだろう。  暗いという人もいれば、明るいと言う人もいるだろうし、別の答えを出す人もいる。はっきり言ってわからないのが本当かもしれない。しかし、今日、中学校の教科書を見ていたら、個人的には宇宙は明るいのだなという確信を得た。  つまり、太陽が照らしているから、宇宙は明るいはずだ。晩に空を見…

続きを読む