公開中の映画「悪の法則」を見て

私が感じたことは、悪に入り込むと悪の論理から抜け出すことはできないのだなと言う感想だ。一旦、悪の世界に入ると、そこはもう通常の世界ではなくて、悪の論理が支配する世界だということだ。もう別世界なのだろう。例えば、日本では暴力団の世界がそうなのかもしれない。そこにはその世界に入った者しか知ることがでいない掟があって、その掟の中で生きざるを得ないだろう。素人の人が金に目がくらみ、その人らと契約して仕…

続きを読む