「一億総活躍社会」という考え方こそ社会の害悪だ

私たちは国や行政が行なう施策によって大きな影響を受ける。それは税金の使われ方によって仕事が生まれ、そこに人々が集まり、生活が成り立つからだ。また、法律を制定して人の行動を制限したり、他国と条約を結んで物品の流通を管理するからだ。だから、内閣の行う施策は、目に見える以上に人や社会に影響力がある。  安倍首相が言う「一億総活躍社会」は人々の心に完全に入り込んでいる。この言葉にはいい面もあれば悪…

続きを読む

「一億総活躍社会」? 安倍首相のおかしな逆転した発想だ

安倍首相による臨時国会の所信表明演説を朝刊で読んだ。最もらしいこれまでの成果を羅列しているが、やはり一億総活躍社会という言葉をいつまでも性懲りもなく使い続けている、日本社会のありように危機感を感じざるをえなかった。  この演説を朝日新聞紙から抜粋すれば次のようである。 「新しい時代の日本に求められるのは、多様性であります。みんなが横並び、画一的な社会システムの在り方を根本から見直していく…

続きを読む

「1億総活躍社会」は危険な考え方で、拒否するべきだと思う

 安倍政権の経済政策であるアベノミクスと1億総活躍社会というキャッチフレーズには、大きなかい離がある。アベノミクスは経済政策だ。超金融緩和政策や物価上昇2%の目標や名目GDP600兆円を掲げることは、そのこと自体問題はない。経済政策にいろいろな考え方があっていい。しかし、「1億総活躍社会」という言葉は、それらの言葉とは違った、国民の思想・信条にかかわる重大な問題を孕んでいると思える。つまり、この…

続きを読む

「一億総活躍社会」についての安倍首相の考え方

政治のことはよくわからない。今まで無関心であった。しかし、今の安倍政治に関しては黙ってはいられない。全ての政策、ものの考え方がよくないと感じる。あるいは問題がありすぎると感じる。問題があるのは誰でもあるが、ありすぎるのはよくない。だから、僕はこの匿名のブログを使って、安倍政治を批判してきた。そして何に問題がるのか、あるいは僕の考えの何が、安倍政治を許容できないか、その辺りのことを書いてきた。 …

続きを読む

一億総活躍社会はいらない

 一億総活躍社会とは何なんだろう。自分の人生を振り返って活躍と言う言葉を身近に感じたことはない。多分、運動会の走りで1番や2番になることが活躍することなのだろうか。あるいは、会社勤めで、会社の業績に貢献することが、活躍と言うのだろうか。普通、活躍とは、人より一段上の仕事や業績を上げた人を活躍したというだろう。並レベルでは活躍とは言わない。そうするなら、1億人すべてが並み以上の仕事や業績を上げるよ…

続きを読む