国民健保減免措置で少し生きる元気

生きるってひとつひとつのことをクリアしていくことだなと思う。今年度の国民健康保険料の通知書が届いた。金額を見てびっくり。年間45万円。毎月4万5千円。健康保険でこれだけの金額は払えない。自営業者のように、毎年毎年、ある程度の所得のある人は可能かもしれないが、職を失って収入ゼロの労働者が払うには大きすぎる。それで、役所に雇用保険受給資格者証を持って減免を申請した。その結果、すぐに減免措置をしてくれた。

 このほかにも市・府民税が年間14万円ほど来ていた。これは今期分、支払った。

 健康保険が減免されなかったら、どのように支払おうかと悩んでいたのだ。早く仕事を見つけて健康保険のある所で働かないといけないといけないなと思っていたばかりだ。しかし、最近応募した会社2社に断られた。気持ちはその会社で働きたいと思っていただけに、断りの電話はつらい。

 仕事は簡単に見つかりそうでみつからない。選べば選ぶほど、時間がかかりそうだ。パートやアルバイトは簡単に決まるだろう。その代り、時給が低かったり、社会保険がついていなったりと、給料や待遇面で差がある。そうした中での減免措置は少しは生きる元気が出てくる。

"国民健保減免措置で少し生きる元気"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: