権力をもとにした強引さが極まる安倍内閣

今日の朝日新聞の社説にふるさと納税に対する総務省の対応について載っていたが、その内容は忘れたものの、私が日ごろ感じていた総務省や安倍内閣の傲慢さを指摘していて、私と同じ考えなのだなと思い、安心したのを覚えている。

 総務省の傲慢さというのは、国地方係争委員会の勧告に従わず、法律の施行前の問題点を、施行後に持ち出して、ふるさと納税を認めなかったことだ。施行前に行ったことがあくどいという理由で、施行後、ふるさと納税を認めないということは、法の精神に照らして問題があるように思う。つまり、総務省の問題点は、係争委員化の勧告に従わはなかったということと、法の精神を捻じ曲げていることだ。

 こうした、権力をもとにした法を捻じ曲げる行為は安倍内閣の得意事項だ。集団的自衛権を認める法律の成立ではこうしたこれまでの法解釈を180度転回した。NHKへの放送法を盾にした編集権への介入も多くの問題を含んでいた。安倍内閣という強権政治のもと、自分の都合の良いように法を捻じ曲げ解釈してく。こん嘘っぱちで出たらめな内閣に、憲法改正など絶対に許してはならない。すべて権力側に都合よく、国民の自由や権利を奪うものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント