未来志向ばかりでは韓国とはうまくいかないー恨みつらみ怨念が残る

韓国政府は「GSOMIA](軍事情報包括保護協定)の破棄を通告した。個人的にはうれしい。胸のつかえがすっきりするような爽快感がある。日本政府の慌てふためきようはどうだ。見ていて面白い。もともと、慰安婦合意から眉唾物だった。よくも朴大統領が合意したな、という内容だった。基金を設けて、慰安婦にお金を配ること自体、問題はない。しかし、これをもって慰安婦問題を最終的・かつ不可逆的に解決した、という合意内容そのものが、何かおかしくて、韓国がよくもこんな内容を受け入れたな、と思ったものだ。

 そして、大統領が代わると、やはりこの合意を無視し始めた。慰安婦財団は解散し、基金は残り、全然最終的かつ不可逆的に解決していない現状となった。これを韓国政府の不履行というのは、表面的にはそうだ。しかし「最終的かつ不可逆的に解決」など、ありえない言葉だ。どのような問題が起こっても、不可逆的な解決法などこの世の中にはない。新しい事実が発見されれば、再び問題を検証するのが普通だ。それを何があっても解決しました、ではこの世の文章とは思えない。たんなるわわごとだ。それを言う方も、合意する方もおかしい。だから、問題はこじれて最悪な状態になる。

 文大統領はこうした日韓関係の悪化を望んでいたと思う。安倍総理はここまでの悪化は想定していないだろうが、文大統領は日韓関係のすべてをひっくり返したいのだろう。多分、どちらかの内閣が崩壊するまで関係の悪さは続くだろう。

 私の考えとしては文大統領に近い。安倍総理のようにすべて未来志向で問題が片付くはずがない。両国の歴史認識の違いを克服する努力が求められていると思う。日本が未来志向ばかりで進むと、再び日本という国は戦争を起こしかねない。中国大陸侵略も、韓国併合も、東南アジアへの戦線拡大も、日米開戦もその理由というのが大東亜共栄圏を築くとか言って、誰一人それが正しいか正しくないのかもわからず、何のための戦争かも知らず世界中で多くの人を殺傷し、また自国民が戦死より飢餓と病死で計310万人が死んだことの意味さえ分からず、終戦を迎えた。そして極東裁判により一握りの戦争犯罪人の処罰で、戦争責任は霧散した。

 第二次世界大戦は過去の出来事であるが、今もその傷がいえていない人々がいるし、その子孫がいる。このまま、戦争の傷が癒えるはずがない。恨みつらみ怨念が残る。今からでも日本は、その責任を認識し、現実と向き合わねば、第3次世界大戦でこれまで以上に悲惨な結果を招くことになるかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント