自衛隊を憲法に書き込む?国民が自衛隊(軍事力)に従わなければならない

自衛隊を憲法に明記するようにする憲法改正案を自民党はまとめているらしい。そのことについて、安倍首相は憲法の内容は変わらないとか言っている。変わらないなら、何も憲法を改正する必要はない。変わるからこそ、何とか自衛隊を書き込みたいのだろう。

 自衛隊を憲法に書き込めばどうなるのか。個人的に思うことは、それは恐ろしいことだ。憲法に自衛隊を書けば、それを非難できなくなる。防衛費が増大しようが、沖縄にとどまらず、どこにでも基地を置くことができるようになる。それに反対すれば、憲法に書かれている自衛隊に反対することになり、憲法違反だと訴えられるかもしれない。今だって、日の丸反対など、口にできなくなっている。自衛隊を称賛し、日の丸を称賛しなければならなくなる。それは、冷静な判断を失わせることになる。

 憲法改正論というのは、国民から出てこないとだめだ。時の首相が音頭をとり、自分の都合のいい憲法改正をすれば、国民がその力に触れ伏してしまう。戦前の軍国主義の二の舞になりけねない。

 それと国会でのいろいろな議論を積み重ねていくことが大事で、思い付きで憲法改正を言い出すところに、民主主義の根幹を脅かす、恐ろしい強権主義がみえてくる。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック