天海祐希主演、ゲキ×シネ「蒼の乱」を見て

今日難波のパークスシネマで、ゲキ×シネ「蒼の乱」を見た。「劇団☆新感線」の作品で、どこかの劇場で上演されたものを、映画化したものだ。主演は天海祐希と松山ケンイチ、それと早乙女太一だ。筋書きがとても面白くて、なかなか凝った作品だ。教科書で習った平将門の乱や藤原純友の乱など歴史的事件を題材に、そこに陰謀や愛情、そして変わらぬ人間的な情愛を絡めた、なんとなく素朴な人間の真実を求めた作品でもある。その素朴な真実性、そして変わらぬ情愛に心が打たれるのかもしれない。

 そして天海祐希のきれいなこと。舞台だと言うのに、まるで映画のよう。まあ、映画なのだけれど、舞台を実写したのだから、ある面、舞台でもある。そして、思ったより演技が上手で、まじめに取り組んでいる。舞台だから手抜きしそうだけれど、そういうシーンは見えなかった。そして松山ケンイチもそれに負けじと、いや天海以上に演技が上手だった。その上、早乙女太一の剣さばきもうまかった。

 だから、出演者全員がプロの演技力を見せてくれた。これぞプロと言う作品だと思う。ただ、天海の声はきれいでは無かった。透明感が無く、ややごつい、枯れたような声に聞こえたけれど、舞台で声を張り上げすぎたのかな?でも見ごたえのある映画だったと思う。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック