カウンター・デモクラシーとは(朝日新聞、インタビュー記事より)

今日の朝日新聞、オピニオンのページのインタビュー記事、民主主義を研究するピエール・ロザンヴァロンさんの話はとても貴重な話だと思った。フランスのことを話しているのだろうけれど、全く今の日本と同じ状況を話しているように感じられ、とても参考になった。

 例えば、今の日本の国会、代議制だけれど、その議員たちは、本当に国民を代表して、問題を議論しているのかどうか、という問題。私にすれば、与党も野党も、どこか国民の意識とずれていると感じる。デモクラシー=代議制。代議制にはもともと二つの側面があったとピエールさんはいう。

「もともと代表制の中には、二つが入り交じっていました。つまり代表するものは、代表される者とちと同じようでなければならない、縮図であるべきだという同等の原則。それと、代表する者たちは教育があり賢くなければならない、いわば特別な人たちという貴族的な意味を帯びた相違の原則。代表制の歴史は、この二つの間で揺れ続けました。」

「(代議制がうまくいかなくなってきているのは)政党が変わったのです。代表制は、政党が社会を代表する役割を担っているときはうまくいった。・・・ところが、20年ほど前から政党が社会を代表しなくなった。理由は二つ。まず、社会が複雑になって、代表できなくなったこと。・・・そればかりでなく、政党が代表するのではなくて、統治する機関にもなったからでもあります。」

 「議会がその本質を変えてしまいました。歴史的には熟議の場所、社会の声を聴かせる場所のはずでした。ところが今日、そこは政府への支持か反対かが演じられる場所になった。もはや大問題について議論する場所ではない」

「政党と社会の関係が逆転したかのようです。政党は今、政府に対して社会を代表するより、社会に対して政府を代表しています。・・・だから、社会には代表されていない(個人的注:代表者がいない)という感覚が生まれました。」

「人々が声を表明できる新たな方法が要ります。私はそれをカウンター・デモクラシーと呼んでいます。」

「カウンター・デモクラシーは政府を牽制(けんせい)したり監視したり、批判したりといった機能を担います。たとえば、政策への抗議デモだとか、権力を批判し監視するNGOなどもそれにあたります。」

「また、メディア。政党がしっかりと社会を代表しているときよりも、政党の役割が変わり、社会が十分代表されていない今の方が重要です。取材によって政府を牽制することに寄与し、政治的な言動を読み解く役割を担います。

「代表制は、多数決の民主主義ですが、多数派は社会の全てではない。選挙で棄権が増ええている今は、とりわけ多数決方式以外にも社会を代表する方法が必要です。たとえば、フランスの憲法評議会。これが代表するのは民意の記憶と言えるかもしれない。今の社会を創った原理を代表しています。しかし、それはそのときどきの民意の代表とは違う。また、独立委員会などは、公平の原則によって社会の原理を代表します。」

”民意の記憶”この言葉には何か、はっとさせられるものがある。第二次世界大戦後、我々日本人は、二度とこうした戦争をしてはならない、軍部を独走させてはならないと、誓ったのではないか。そういう戦争への反省の記憶。それはフランスで言う、社会を作った原理の記憶ではないが、それが戦後日本の民主主義の原動力ではないだろうか。日本人にとったら、民主主義の原理原則ではないのだろうか。、


(カウンタ・デモクラシーに意味があるとしても、正統性の問題があります。政治家たちはそれを独占しようとしがち。選ばれたものは我々だ、デモをしている人たちではないと。)
「認可されて得られる正統性と実行して得られる正統性を分けて考えるべきです。選挙では代表としての役割を認められて正統性を得ます。しかし、それは日々、証明しなければなりません。」

「ナポレオン3世は報道機関を批判してこう言ったことがある。『私は報道の自由に反対だ。なぜなら、記者たちは選ばれていないから。選ばれたものだけに人民の声を代表させるため報道の自由を廃止したい』。
 問題がどこにあるかわかるでしょう。認可の正統性と実行の正統性の混同です。社会の声は、どうしたって、多数派の声にはおさまりきらない。」

(代表制とカウンター・デモクラシーは相互に補完しなければならないということですか。)
「その通り。選挙での投票は、期待通りに行動してくれそうな人への『信頼』を表明すること。カウンター・デモクラシーは『不信』感を通して、制度に一種の試験をすること。民主主義は2本の足で立つ。一つは『信頼』、もう一つは『不信』。前者を代表制が、後者がカウンター・デモクラシーが引き受けるのです」


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック