NHKよ、信頼される報道機関になれ

 yahooニュースで、NHKに対する政府寄りの報道への批判が載っていたが、実際、私にしても、この頃、NHKを見てもなんだか信頼できなくて、見る回数も減ってきた。今まで、国谷裕子キャスターのクローズアップ現代がとても好きだったが、テーマそのものに、今の社会の核心部分が抜け落ちていて、社会の周辺事項が中心になっていて、見る気がそがれるのだ。なぜ、こんな問題をクローズアップ現代でとり上げるのかと。聞けば、それなりに面白いのだけれど、なぜ、今社会で話題になっていることを取り上げないのかと。

 例えば、辺野古への埋め立てでの、反対意見。政府に反対することだけれど、沖縄県民は、どう考えているのか知りたい。沖縄知事も反対の立場だ。そうしていろいろな意見を取り上げることで、議論は深まり、民主主義は健全さを保つのだ。それが、政府への遠慮からか、あるいは政府に反対することを取り上げることは公平さを欠くとでも考えているのか、よくわからないが、取り上げない。

 これでは国民の声を拾うことも、社会の公正さ・不平等をなくすことにも何にもならない。政府の言うことをそのまま、なんの批判もなく伝ええれば、社会はそれで丸く収まるとでも思っているのか。そんなことになれば、社会は分裂し、批判は内在化し、過激化し、あるいは無力化し、怠惰となり、社会の空気は淀み、活力がなくなり、沈滞化するだろう。その一方で過激派は自分らの意見が少しも取り上げられないことかから、テロを起こすようになるかも知れない。

 民主主義を健全化するためにも、NHKが反対意見も賛成意見も、またそれとは違った意見も取り上げて、国民から信頼される報道機関になって欲しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック