美輪明宏 ”ヨイトマケの唄”の不思議さ

きょうのNHKの紅白歌合戦の前哨番組で、去年出演した美輪明宏の「ヨイトマケの唄」の録画が放映された。薄暗い照明の中で出て来た美輪は、直立し背筋を伸ばし、重々しく演劇人が歌うように手振りを交えながら、きれいな声で歌い始めた。その歌はいじめられた少年が、泣きながら母親に助けを求めるが、母親の働く姿に感動して、強く生き始め、エンジニアになる姿を歌っている。まるで小さな演劇を見るように、その唄が、今の時代とは不自然な様相を保ちながら、何か生き生きとうごめいているように胸を締め付ける。魔法にかけられて身動きできないような状態だ。美輪って、前からどういう人かなと思っていたが、そのどういう人と言う部分が、そのまま当てはまる、不思議な歌いかただった。

youtubeから
美輪明宏 「ヨイトマケの唄」 http://youtu.be/G9pmz4lEQTM
                   http://youtu.be/9MROcVq6r7Q

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック