10代後半で片思いと母親から決別宣言した森昌子

森昌子にとって、18、19歳はいろいろな内面の問題が表出してきた歳だと思うのですが、その一つの片思いや母親の問題を真正面から取り上げたのが、LPレコード”すぐに消えそうな愛なら”(1978年4月発売、19才)だと思うのです。

画像

 
 彼女は18歳までは片思いの歌を多く歌っていると思うのですが、その裏には母親の影が強い。これは「お母さん」のヒットと関係しているのかもしれませんが、その片思いとお母さんへの決別を主題にして歌っているのが、このLPレコードだと思うのです。このレコードの曲には、愛を失った女性の心境やとそれを乗り越えようとして、お母さんに頼らず、一人で生きていこうとする姿が歌われています。森昌子にとって、お母さんはとても大きな存在なのだろうけど、それに果敢に挑戦している。
 
果たして、これらの曲を歌うことで、森昌子はお母さんから自立したのか、否か、あるいは失恋して、女性として人間として、成長していったのだろうか。

youtubeから、6曲選びました。

 ”今日から一人で暮らします”(母との決別を宣言した歌だ。)
http://youtu.be/_lc9yNvZpJw

 ”母に手紙を書くときは”(母親への複雑な愛情表現。母親を歌う時、昌子の声は一段と美しくなりますね)
http://youtu.be/2iNbFlHEm8c http://youtu.be/vW_F5JzRAHc  http://youtu.be/cEiKOWstEW8

 ”花まつりのころ”(自立しようとしている女性像を描く)
http://youtu.be/oLjPbHzovWw

 ”すぐに消えそうな愛なら”(失恋の曲)
http://youtu.be/LlVi6nQM0YM

”10円玉のふるさと”(都会暮らしを始めた田舎娘のふるさとを懐かしむ歌)
http://youtu.be/3UX9TmWboI4

”初夏の雨の向こうに”(失恋の歌)
http://youtu.be/9-GN_yFjmTo

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック