アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
今を、精一杯生きる
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
20年ぶりの会社の同僚との再会
 昨日、ボーリング作業現場の近くの宿舎で、20年ぶりに辞めた会社の同僚にあった。一人はやや先輩格の社員の人で、それほど親しく話たことがないが、20年も同じ会社で頑張り続けたのだな、偉いなと思った。もう一人は当時の会社の下請けさんで、一人親方と言われる独立自営業者で、よく一緒に現場へ行き、手伝ったり一緒に働いたり、世間話をよくした間柄だ。その時、お互い独身だったので、頑張って結婚しようとか話したことがあったが、私が会社を辞めたのち、一度も会う機会はなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/21 22:34
森昌子は森田昌子が作り上げた虚像だ
 歌や音楽は何か心を和ませてくれる。そして時間を充実したものにしてくれる。車の中で聞く音楽はやはりいい。気持ちよく運転しながら、いい音楽は別世界へいざなう。森昌子の歌は車の中で聞くにはもってこいだ。昔、zardや川島英五の曲もよく聞いたが、感動や多彩さという点では昌子の曲の方が数が多いと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/05 00:14
行政が特殊な利益を優遇すれば、社会がいびつになる
東京都議選で自民党が大敗北した。とてもうれしいものの、丁寧な民主主義に戻れるのかどうか怪しい。主権は国民にあり、行政は国民の負託を受けて国民の意志にのっとり行うものだ。行政が国民の意志を離れれば、国会がそれを正さねばならない。国会が国権の最高機関だ。行政が個人的な、特殊な利益を優遇すれば、社会の公平さが失われる。岩盤に穴をあけると言っても公平さが担保されての話だ。元から特殊な利益を優先していたなら、社会の公平さが失われ、いびつになってしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/04 22:12
元規制委委員長代理・島崎邦彦さんが語る原発事故・再稼働
科学への畏敬を失った行政が、表面上、科学的知見に基づいて最高の規制基準だから、原発の再稼働を進めるという、本音を隠して建て前だけで原発を再稼働しようとする動きが進んでいる。そうした原発行政の、規制に関わってきた第一人者である、元規制委員長代理の島崎邦彦さんのインタビュー記事が7月1日朝日新聞に載っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/02 19:10
ロバート・D・エルドリッヂ著「オキナワ論」(新潮新書)を読んで
  米軍が日本に常駐することは、どういう意味合いなのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/01 11:51
小林麻央さんの死を悼む
 小林麻央さんが34歳で亡くなった。がんを患い、闘病していたのは知っていたが、お金持ちだから、最高の手当を施しているだろうから、元気な姿で戻ってくるとばかり思っていたが、死ぬとは意外だった。どれほどつらいか、死を覚悟した時の人間の悲しさはどれほどか。しかも、幸せの絶頂期に。死とはどういうものか。不安だらけだったろう。私にしても死は怖い。きっとなぜ、私が死ぬのか・・・、と自問し続けたに違いない。 でも、人間が生きるってことは常に死と隣り合わせなんだな、と思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/24 23:53
「ミサイル落下」という半分デマな話をメディアに流す日本政府は正常ではない
 新聞によると、政府は北朝鮮からの弾道ミサイルの攻撃を受けた場合の避難方法について、テレビや新聞で広報を始めているらしい。テレビの場合、全国の民放43局で2週間放映され「Jアラート(全国瞬時警報システム)を通じて屋外スピーカーなどから緊急情報が流れます」と説明して、頑丈な建物への避難を呼びかけるという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/23 23:28
野党を下衆呼ばわりする高村副総裁は何なんだろう
嘘や忖度、忘れた、記憶にない、あるいは記録に残していない、口からのでまかせ、個人への誹謗中傷、・・・あげたらきりのない国家公務員や内閣の人々の軽い言動。国会での加計問題への集中審議に対しても、高村副総裁は「下衆の勘ぐり」だと言って非難していた。いったい下衆とはどういう意味で使っているのだろう。非常に見下したものの言い方だ。大阪なら、「この馬鹿が」という言い方になるだろう。でも、同じ国会議員に対して、野党を下衆呼ばわりするなら、国会議員てなんなんだ。国会議員の質そのもの、高村という国会議員の質、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/06/22 00:09
「共謀罪」により警察を批判的に見る必要に迫られている
「共謀罪」法案が通過して、実際これから警察がこの法律を運用していく。いったいどのような人々をこの法律で逮捕し、送検するのだろうか。本当にテロリストを捕まえることができるのか。あるいはテロを未然に防いで、そうした集団を捕まえることができるのか見ものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/19 23:33
映画「美女と野獣」を見て
昨日、大阪ステーションシネマで「美女と野獣」を見た。久しぶりの映画だ。もう半年ぐらい映画館に足を運ぶのを忘れていた。土曜日の夕方ということもあるのか、館内はほぼ満席、最前列にわずかに空席がある程度か。少し窮屈な感じで、のんびり映画鑑賞というわけでもなかったが、映画が始まれば、そうしたことも忘れて、楽しく入っていけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/18 11:34
安倍内閣の総辞職、国会の解散を求めよう
 国会は国民の意志を代表しているのか。国民は共謀罪の成立を望んでいるのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/14 23:54
菅長官は「怪文章」という公表に対して責任を明確にし、謝罪せよ
「官邸の最高レベルが言っている」という文章が存在すると言った現役職員に対し、内閣の誰かが公務員法違反で罰するというような記事が出ていた。しかし、これは菅官房長官がこの文章を「怪文章」だとか言って、そんな文章の存在を認めようとしなかったことに元々、原因があるのではないか。しかもそのあと、文部省が調査した結果、そのような文章は存在しなかったと公表したのだ。それを受けての、前次官の証言であり、現役職員の暴露だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/14 12:50
権力側のご都合主義にはもううんざりだ、この曲が葬送曲だ
 「官邸の最高レベルが言っている」という文章が文部科学省内で共有されていたかどうか、元次官や現役職員が共有されていたと話しているのに、官房長官や文部大臣は調査した結果、そのような文章はないと言い張る。では、どんな調査をしたかというと、共有フォルダーを調べただけだ。個人フォルダーや個人からの聞き取りなど十分していない。その文章はメールに添付され、10数人に送られたという。それにもかかわらず、文部省は簡単な、お茶を濁すような調査で、打ち切りだという。こうした政権側の、ご都合主義的なふるまいにはもうう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/09 00:22
民放の体たらくはひどいね。同じような番組ばかりだ!
 この頃、民法のテレビ番組の質の低下がはなはだしいと感じる。ほとんどが似たような番組ばかりだ。一番目に付くのが、料理番組だろうか。食べ歩きや健康食など、チャンネルを回せばどこかの局でやっている。次に多いのがクイズ番組だろうか。うちの母も好きで、私もよく見るが、東大だか京大出身だか知らないが、中学生程度の問題を当てて、すごいすごいと言っているのだから、相当知能程度の低い番組だ。その次が、トーク番組というのかお笑い番組というのかわからないが、自分の周りのことを面白おかしく話して司会者が笑わせている。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/06 22:50
新しい会社に勤めて1年の感想−悩み続けている
今の会社に勤め始めて丁度1年が経った。この1年はインドネシアへ3か月ほど行き、また母が2か月ほど入院するなど、目まぐるしい変化のある年であったが、頭の片隅では年金のことばかり考え続けた。1ヶ月働けば、いくら年金が増えるのか、半年ではどうか、そして1年たった時点で、65歳から年金はいくら貰えるようになるのか、ということを考えながらの会社勤めだった。そして老後、少ない年金でどのようにやりくりしながら生きていけばいいのか、ということが頭から離れなかった。しかも、それへの回答は見つからないままだ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/04 23:01
無限、宇宙の果ては人間的な時間概念を超えたところにある
宇宙は無限なのか。無限とはどういうことか。子供心に、宇宙の果てはどうなっているのだろうかと、不思議に思ったことがある。いまだ持ってそれへの明確な答えはない。でも、いま、日本の地質を調べていたら、人間が生きている時間と、地球が存在している時間とには、大きな隔たりがあって、人間が考える時間のスケールとは違う次元で、地球とか宇宙は動いているのだなと思う。宇宙の果てという概念は人間的には知りえないものなのかもしれない、という感じがした。つまり、それぞれが存在している時間空間が違い過ぎるのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/04 13:34
安倍内閣の退陣のため力を合わせて頑張ろう
 この頃、安倍内閣の批判ばかりしているから、それ以外のことを書けなくなってきた。本当はほかにも書くべきことがあるのだが、何しろ、安倍内閣のずるがしこさ、危険極まりなさに、じっとしていられないのだ。それで、このブログへその怒りをぶちまけているのだが、そのために、冷静になれば、書きたいと思うことが、書けなくなっているのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/31 23:26
国連報告者ケイ氏、放送法4条の撤廃要求、上村氏への人権侵害、沖縄のデモへの政府対応に懸念示す
朝日新聞24日付け夕刊によれば、国連の特別報告者デビッド・ケイ氏が日本における言論の自由について、ジュネーブで開かれる国連人権理事会に報告する、原案概要が日本政府に示された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/27 23:26
創価学会は公明党を支持することでどういう利益を得ているのだろうか
創価学会という宗教団体の巨大施設が目につく。大阪大正区にも一つある。大正区の中でも最も静かな住宅地に、コンクリート造りでやや威厳を感じさせる、落ち着いた大きな2階建ての建物だ。国土地理院の地図から推測すると、土地面積1000平方メートル以上、建物も1階だけで500平米以上あるだろう。多分、土地代や建築費を含めたら10億円前後ぐらいかかっているのでないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/27 00:24
共謀罪とは、暴走族集団を一網打尽に捕える恐ろしい法律だ
 この法律はテロを目的とするのではなくて、犯罪という、善悪ある程度の幅をもった行為を、それが実行される前の段階で、警察当局が犯罪につながると判断したら、それにかかわった集団全てを芋づる式に罪に問うことができる、恐ろしい法律ということだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/05/23 23:50

続きを見る

トップへ

月別リンク

今を、精一杯生きる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる