アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
今を、精一杯生きる
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
政治家は偉いのか?
 これまで政治家は国民の意見を聞き、それを集約し、政策として実行していく人たちで、それは職業上の地位であると思っていた。しかし、安倍首相をはじめ今の内閣の人々を見ていると、そういう役割から離れて、自分の考えや戦前の考えやある一部の人々の考えを代表して、それに討議をくわえることもなしに、あるいは表面上討議して、それを法案としてまとめ、国民に押し付けてるように感じる。それは国民のためでなく、自分ためであり、一部の利益を受ける人々のためのものがい多いようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/25 12:01
おかしな日本どこへ行く
日本社会がかなりおかしくなってきている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/24 23:57
シルヴィーバルタンと森昌子
シルヴィーバルタンってかわいいね。歌が記憶の底から鮮やかに蘇ってくる。1960年代の半ば以降、ツイストとか流行っていたと思うが、このバルタンの踊りを見ていると、まさしくツイスト。しかも、誰より上手に踊りを踊っている。顔は森昌子に似ていて、鼻が大きく、上を向いている。森昌子は鼻の穴が大きいのが特徴だが、かわいさは同じぐらいかわいい。でも、その質は違っているようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/24 00:23
悩む森昌子を支えた1977年ごろの社会の寛容さ
 森昌子の20歳直前のライブアルバム、7周年記念リサイタル「熱唱ひとり舞台」をyoutubeに投稿した。レコード2枚分、約2時間のライブの録音を、Side A〜Dに4分割して投稿した。2時間という長時間のライブ録音で、普通なら飽きが来そうな長さだが、森昌子の歌唱力と組曲「ほたる子」という、ミュージカル仕立ての楽曲が組み合わさって、それなりに楽しめるライブとなっている。それよりなにより、森昌子の人間性があちこちに出て19歳という少女の温かさに何とも言えない心地良さを感じるのだ。18歳の時のライブ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/23 15:06
大阪北部地震ー上町断層が動けば大阪は大混乱?
大阪北部地震ー上町断層が動けば大阪は大混乱? 6月18日、大阪北部を震源とするM6.1の地震が起きた。私が住んでいる大阪市臨海部でも8時頃、かなりきつい揺れを感じた。朝の食事時、まずゆっくりした揺れを3〜4秒ほど感じ、地震かと話していると、急激に大きく上下の揺れを感じて玄関へ走った。その間10秒前後だろうか。そのあとも、ゆっくりした揺れがしばらく続いた。直感的に震源が近いと感じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/21 15:10
面会という不毛な論争に決着をつけられない、火元の安倍首相
 加計理事長の記者会見が開かれた。しかし、それは地元記者のみで、その告知は2時間ほど前に報道各社に知らされたという。記者の準備時間もない突然の会見だった。その会見内容は「3年前のことなので、記録にも記憶にもない」と、面会そのものを否定している。また、うその情報を県などへ知らしたことに対し、「申し訳なく思っている。県へ謝罪に伺いたい」と述べているという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 11:51
国民健保減免措置で少し生きる元気
生きるってひとつひとつのことをクリアしていくことだなと思う。今年度の国民健康保険料の通知書が届いた。金額を見てびっくり。年間45万円。毎月4万5千円。健康保険でこれだけの金額は払えない。自営業者のように、毎年毎年、ある程度の所得のある人は可能かもしれないが、職を失って収入ゼロの労働者が払うには大きすぎる。それで、役所に雇用保険受給資格者証を持って減免を申請した。その結果、すぐに減免措置をしてくれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 11:21
老人施設−生きがいの創出という点で見劣りする
人間関係が希薄な私だが、今日老人ホームに入居しているおばさんを尋ねた。住宅型有料老人ホームなので、少し高そうなホームだが、公務員として40年近く働いてきた人の奥さんなので金銭的な不自由はない。入居している人を見ていると、やはり寝たきりの人が多いようで、あまり病院と変わりない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/17 22:03
森昌子「越冬つばめ」ヒット直前のアルバム「北風は暖かい―」
 昨日から今日にかけて、森昌子のアルバム「北風は暖かい― 今、故郷は…」(1983年8月発売)から、3曲を youtubeにアップロードした。それは「幸せに架ける橋」と「帰郷」、「さぶは心の故郷だから」だ。前2者はこれまでyoutubeにアップされていなくて、多分今回初めてだろう。「さぶは心の故郷だから」は、アップされているが、4分割されてまとまりに欠けていたから、今回1つにまとめてアップした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/16 23:55
将来への不安が社会や人々に絶望感を生んでいる
次から次に凶悪事件が起きている。つい先日、22歳の若者が新幹線で誰でもいいからとナイフとナタで人を殺傷したかと思うと、女の看護師がジム帰り、自分の車に乗り込む際、見知らぬ男どもに拉致され、殺された。東京では5歳ぐらいの幼児が親からのせっかんで死亡した。少し前まで、イスラム系のテロを恐れていたが、日本ではそうした政治的なテロより、一般の人による無差別テロの方が起こりやすく、怖い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/16 22:14
ごみ袋への氏名記入ー平衡感覚の欠如した公務員たち!
 今日午前のヤフーのニュース動画で、千葉県野田市が一般家庭のごみ収集に対して、分別袋への氏名記入を義務付けており、ごみ袋へ記入がない場合、そのごみを収集しないということが報道されていた。野田市民は、インタビューでめんどくさいがしようがないとか、自己責任において出しているのだから当然、という声もあり、野田市は増大するごみ対策の意味合いからも推進しているようだ。    これに対して、東京都民はインタビューで拒否反応を起こしており、え、そんなこと知らなかった、とかごみに名前をかくなんて恥ずかしい、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/14 22:07
高校卒業時、計算技術ではなく微・積分の意味合いを十分理解できる教育へ転換する
日本の電機業界が徐々に影が薄くなっている。きのう、ウイルス除去のソフトが勝手に稼働し、それに合わせて操作していると、いつの間にか購入画面になり、月々300円ほどなので購入手続きをしていると、電話で確認をとる画面なり、その電話が片言の日本語を話す人とつながった。どこか外国から電話しているようで、雑音が激しく、日本語もわかりにくかったが、その人の話に従ってパソコンを操作していると、いつの間にか遠隔操作になり、私の画面上に、感染されたウイルスがあって、それが稼働中であることを示してくれた。それはトロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 10:40
一億総活躍社会のアンチテーゼが映画「万引き家族」だ
今日、カンヌ映画祭でグランプリをとった「万引き家族を」を難波の映画館で見た。いくつか聞き取りにくく意味不明な点があったが、それなりに面白く、考えさせる作品だった。ただ、強いインパクトは残らなった。    この作品を見ながら、安倍内閣のことが次から次に浮かんできた。例えば一億総活躍社会とか言って、一生懸命働くことを社会は推奨して、そのことを当然のように言うが、その実相を暴けば、それは人間の生き方の皮相であって、全体ではないということ。それをこの映画の家族を見ながら思い、そうした言葉が、人の生... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 00:08
ひと夏の愛の輝きを歌う組曲 「ほたる子」(森昌子)アップロード
昨日、森昌子の組曲「ほたる子」をyoutubeにアップロードした。これはデビュー7周年記念リサイタルで歌われたもので、そのライブアルバム「熱唱ひとり舞台」(1978年9月録音、19歳)に収められている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/10 11:06
引き続き森友・加計学園問題の究明を求める
 森友・加計学園問題と聞くと、なんだかうんざりしてくるが、今日の朝日新聞の社説にも載っていたが、やはり問題の核心は不明なままだ。その核心部分というのは、財務所の改ざんはいったい誰が指示したかということだ。内部調査では佐川理財局長がそういうニューアンスのことを部下に言い、それを推し量った総務課長が中心になり改ざんを進めていったようだ。しかし、なぜ、理財局長が、断定的な口調で、廃棄したとか、文書はない、とか答弁したかだ。普通なら、文書を書き換えなければならに様な答弁をしないはずだ。それをあえて行った... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 11:54
仕事を辞めると、待遇に恐ろしい差別的環境
今の日本で働かない生き方ができるのだろうか。人間が生物であるかぎり、食べること排出すること、動き回ることは必然だ。ただ働くという概念は人間が作りだしたものだろう。生物は働くという意識なしに生命を維持するために動いている。原始時代の人間だって、働くという意識ではなく、生命を維持するために、動き回っただろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 10:40
生活道路を拡げ改善することが大阪には必要だろう
大阪に住んでいて楽しい・気持ちいい町か、と尋ねられたら、中高年の多くの人は「いいえ」と答えるだろう。逆に西宮や神戸に住んでいる人に尋ねたら、住みよい・くらし良いと答える人が多いのではないか。その違いは何なんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/06 16:38
大阪南部、小さな盆地で田植え始まる
大阪南部、小さな盆地で田植え始まる 6月になると、土・日曜日は大阪南部地域の兼業農家では、一家総出の田植えをしている。山間部の小さな盆地の段丘面に広がった整備された農地では、中高年者を中心に2名から4〜5名が一団となって作業している。畑作業では一人か夫婦単位が多いが、田植え作業は一人や夫婦だけではきついようで、最低男が2人以上集まっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/06 10:19
うそにまみれた人を擁護する自民党・公明党議員は猛省すべきだ
 今回の森友学園・加計学園の問題を見ていると、官僚や総理大臣がいとも簡単に、関係していないとか記憶にないとか廃棄したとかいう。だが、そうした断定的な物言いが今回の問題の発端になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/05 16:23
”うそ社会”の幕開きだ
この日本の淀んだ空気をいつ一掃できるのだろう。早く自民党・公明党が消滅してほしい。こんな政党、害悪以外何でもない。国会の3分の2以上をこうした倫理観の欠如した政党が占めるから、国会が国会としての機能を阻害している。うそ偽りを言う官僚・総理大臣・閣僚を擁護し、逆にうそを助長しているともとれる。なぜなら、官僚らはうそを言っても、自民党・公明党国会議員が守ってくれるから、いくらでも好き放題で、うそを言いまくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/05 09:46

続きを見る

トップへ

月別リンク

今を、精一杯生きる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる