宇宙は明るいのか、暗いのか。結論「明るい」のだ。

 どうでもいい話なのだろうけど、宇宙は明るいのか暗いのか。こういう質問に対して、皆さんはどう答えるだろう。  暗いという人もいれば、明るいと言う人もいるだろうし、別の答えを出す人もいる。はっきり言ってわからないのが本当かもしれない。しかし、今日、中学校の教科書を見ていたら、個人的には宇宙は明るいのだなという確信を得た。  つまり、太陽が照らしているから、宇宙は明るいはずだ。晩に空を見…

続きを読む

地球は一億分の一以上の、宇宙で最大の「幸運な星」なのだろう

 地球が太陽の周りをまわる速さを計算してみよう。太陽と地球の距離は1.5億km(中学理科の教科書)。だから、地球の公転距離は2πr=2×3.14×1.5億km=9.42億km。これを1年で回っているので365日=365×24=8760時間となる。よって、公転の速さは9.42億km÷8760時間=107534=10.7万km/時となる。(ただ、円軌道の場合、こういう計算はしないと思うが、単純に直線…

続きを読む

無限、宇宙の果ては人間的な時間概念を超えたところにある

宇宙は無限なのか。無限とはどういうことか。子供心に、宇宙の果てはどうなっているのだろうかと、不思議に思ったことがある。いまだ持ってそれへの明確な答えはない。でも、いま、日本の地質を調べていたら、人間が生きている時間と、地球が存在している時間とには、大きな隔たりがあって、人間が考える時間のスケールとは違う次元で、地球とか宇宙は動いているのだなと思う。宇宙の果てという概念は人間的には知りえないもの…

続きを読む