「砂上の楼閣」ーこれが施政方針演説の感想だ

こんな演説を聞かされる国会議員も気の毒だ。もう少しまとまりのある草稿を書けないかな。こんな表面的な言葉を次から次に書き並べられたものだな。このことによって、いかに総理がくだらない人間かがわかる。「砂上の楼閣」という言葉があるが、全くそのように言葉に真実性がみられない。空疎な言葉の連続だ。こんな総理はいらない。それが通常国会での施政方針演説を読んでの感想だ。

続きを読む