日本政府そのものがうそやでたらめが多く、官僚も忖度を公言、社会不安を高める

老後の生活費が2千万円不足するという、審議会の報告書を、安倍内閣の麻生財務兼金融大臣は受け取らないという。それは政権の考え方と違うからだと言う。報告書の内容は「毎月5万円不足し、30年で2000万円の取り崩しが必要」との内容。それに対して、麻生大臣は「政府のスタンスと違うため」と言い、国会答弁した金融庁の官僚は「金融庁の対応が配慮を欠いたもので、多くの人に不安な気持ちをいだかせたことを深く反省…

続きを読む

日本政府、大臣日程表その日のうちに廃棄。これが実態だ。

でたらめな日本政府の実態が、国民にいろいろな面で暗い影を落としている。  今日のネット上のヤフーニュースでは、毎日新聞発信の記事で、NPO法人が大臣の面会や会合の出席などを記録した約2年分の「日程表」を開示するよう全12府省に情報公開請求したところ、11府省が「不存在」と回答した。記事では、その理由というのが文章の保存期間を裁量で廃棄できる1年未満に設定し、日程表を作成当日や短期間で廃棄…

続きを読む

勝手に文章をねつ造する総務省官房長ー常識では考えられないことが日本政府内で起こっている

恐ろし出来事がいとも簡単に何でもなったように、素通りしていく。これが日本の官僚や国会での出来事だ。西村清彦・統計委員長の思いを、官僚が勝手に推測して、それを衆議院の総務委員会に配った。総務省官房長が野党理事に配った文章は「統計委員長は非常勤の時間給のアルバイト。これ以上本務に支障をきたす形で協力できない」(朝日新聞)と書かれていた。  だが、この文章について、西村氏は「事務方とのよりとり…

続きを読む

これが日本政府の答弁かー今夏の参議院選挙で大敗してほしい

 東京新聞の望月記者に対する菅官房長官やそこに横やりを入れる内閣府の担当者の言論を聞いていると、これが日本政府の姿かと愕然とする。記者の質問を無視したり、横槍を入れるこの姿勢は、安倍内閣の国民に対する姿勢と同じなのだろう。批判的な物言いいや、好きでない人の話にはヤジを飛ばし、まともに答えようとしない。これが日本政府の姿かと思うと、早く安倍内閣が退陣してほしいと思う。参議院選挙で大敗することを祈る…

続きを読む

辺野古への土砂搬入ーこれが政府という組織がやることか

日本政府は沖縄辺野古への土砂搬入を今月14日から行うと沖縄県に通知したらしい。しかし沖縄県は埋め立ての承認を撤回しており、土砂搬入の法的根拠は、防衛省が同じ行政機関である国土交通省へ行政不服審査を申し言れ、国交省が承認撤回の効力を停止したことによるという。行政不服審査制度というのは国民が行政への不服を訴えるための制度で、これを身内の国の機関がその不服を国に申し入れ、そのことにより効力が停止した…

続きを読む

菅長官よ!国民をなめているのか!

国会での野党の質問時間を短縮する動きに対して怒りを覚える。これまで与党2に対して野党8だったという。これを議員数に応じた配分数にして、与党7に対にして野党3にするという。政府の広報担当の菅官房長管は「各会派の議席数に応じた時間配分を行うべきである。こういう主張は国民からすればもっともな意見だ」とその必要性に言及している。  何ともおかしな言い分だ。なぜ行政府の長官が国会のことに口出しする…

続きを読む

日本政府は国民を守るというが、実際はイスラム国と交渉しなかった?

 今日の高知新聞1面の見出しが『首相 9条改正で国民守る』だった。これを見て僕は、半分驚き、半分おかしくなってきた。首相はよく「国民の命と安全を守る」と口にする。でも、後藤さんらをどのように守ろうとしたのか、少しも実態が見えてこない。ヨルダンや情報だのみで、政府としての実際の取り組みや考えが少しも見えてこない。ようこれで、国民を守れると、言えたものだ。甚だおかしくなる。  この見出しは、…

続きを読む