コロナワクチンの接種が進まないと、オリンピックは無理だろうし、菅内閣は持たない

コロナ対策の新聞記事を読んでいると、菅首相の対応の鈍さ・言動にはほとほとあきれる。オリンピック・パラリンピックをどうしても開催したいようだが、明確な工程表やワクチン接種との兼ね合いなど、国民に明らかにしなければならいことは山ほどあるのに、どのようにして開くつもりか、ワクチン接種がどの程度進むのか、それで本当に国民の安全が保たれるのか、そうした重要な説明がほとんどない。緊急事態宣言の発出も、延長も…

続きを読む

6名の推薦者除外は社会を分断し、異質なものを排除しようとする安倍・菅政権のあってはならない政策であり、考えだ

菅首相は予算委員会の席上、二之湯議員の質問で、学術会議任命について「事前調整が従来行われていたが、今回そうしたものがなく、任命を拒否することになった」旨の発言した。  菅首相の言う事前調整というのは、朝日新聞記事によれば、次のようなことだ。  2016年大西前会長時代、3人の補充人事を決める際、官邸から推薦名簿を提出する前に候補者名簿の提出を求められてきたという。それで3ポストに優先順位…

続きを読む

菅首相の国会答弁聞いても、なぜ、任命されなかったのか意味不明だ

学術会議の推薦者の任命拒否について、世間一般から菅首相のおかしな答弁への批判が高まっている。 まずもっておかしな答弁の代表は、10月はじめに行われた記者会見での「総合的・俯瞰的な活動を求める観点から・・・」という言葉だ。10月29日には国会で代表質問がはじまり、立憲民主党枝野幸雄氏の代表質問に学術会議の問題について次のように答弁している。  菅首相は「過去の国会答弁については知っています…

続きを読む

菅首相は信用できるのか。できない。

菅首相という人間は、信用できるのか。信用できない。  なぜなら、自分らの推し進めた政策に反対すした人を、理由なく拒絶したから。正当な理由があれば、言えばいい。単に自分らの政策に反対意見を表明したという理由で拒否したなら、明らかに言論・学問の自由を侵害することになり、独裁政治に近い、言論自由が保障されない国家になったということだ。 このことは学問への自由や言論の自由を脅かす重大なことだ…

続きを読む