在職老齢年金制度ー高給取りほど強欲がまかり通る

60歳以上で働いている人は、給料と年金合わせて60~65才では月収28万円、65~70才では月収47万円を超えると、越えた分の年金額が半減される「在職老齢年金制度」という仕組みがある。今回、それを60~70歳まで一律に「月収51万円超」にする見直しが進められているという。  その理由というのが、現状では「高齢者の勤労意欲をそいでる」ということらしい。この見直しにより、60~65才では約50…

続きを読む

年金金持ちをこれ以上増やすべきでない。年金の上限を設けよ

働いている高齢者の年金は、65歳未満の場合、給料と年金の合計が月28万円、65歳以上の場合は月48万円を超えると、越えた分の半額が年金から減らされる仕組みがある。これを「在職老齢年金制度」というらしい。  この制度の対象者は現在、60~64才は約88万人で減額総額は年約7千億円、65歳以上は約36万人で約4千億円。厚生省ではこの制度を廃止したいらしい。  この制度により、高齢者の働く…

続きを読む