コロナウイルス感染者は減少傾向だが、大阪府では横ばいに変わりつつある?

新聞によれば、1日の専門家会議による提言ではコロナウイルスの新規感染者は減少傾向に転じているものの、減り具合は目指したほどでもなく、医療体制もひっ迫しているという。  実際、まだまだ患者が出ている状況で、収束に向かっているという感じは受けない。政府の施策も、なんとなく要領が悪く、国民の不安感が払しょくされない。マスクにしても、ほとんど手に入らない。医療関係でも、検査体制が不十分で、簡単にウ…

続きを読む