「令和」の読み方異論、「りょうわ」ではないか。当時は律令制だ。

 新元号「令和」の読み方は、「れいわ」でいいのか。また、万葉集の梅の宴の序文からとった「令」と「和」の結びつきは、どういう関係があるのか、この二つを結びつけるのは無理があるのではないかという指摘が専門家から出されている。  朝日新聞の文化・文芸欄で中国思想が専門の東大教授が今回の選定について違和感を述べている。その第一は、読み方だ。当時の法制度は律令(りつりょう)と呼ばれるもの。701年大…

続きを読む

「令和」ー辺鄙で偏った言葉だ。演歌好きには、北国を思い起こす「冷和」の方がいい

新しい元号が決まった。日本人は新しもの好きだから、今はもてはやしているが、時間が経てば、「令和」という言葉に、いろいろな感情が渦巻きかねない、ある面、二面性を持った言葉であり、元号だ。私は最初、これを聞いたとき、令という字に違和感を持った。令という字が、冷たい字に似ていて、冷ややかな感じがしたからだ。  令は冷たいとう字でなくて、命令の令であり、令嬢の令だ。ご令嬢といのは、いい所の娘とい…

続きを読む