国民健保減免措置で少し生きる元気

生きるってひとつひとつのことをクリアしていくことだなと思う。今年度の国民健康保険料の通知書が届いた。金額を見てびっくり。年間45万円。毎月4万5千円。健康保険でこれだけの金額は払えない。自営業者のように、毎年毎年、ある程度の所得のある人は可能かもしれないが、職を失って収入ゼロの労働者が払うには大きすぎる。それで、役所に雇用保険受給資格者証を持って減免を申請した。その結果、すぐに減免措置をしてく…

続きを読む

法の下の平等に反する、国民健康保険

私はこの前、大阪市の健康保険料が年額32万円だと書いた。そして今、10回払いで月3万2千円銀行口座から引き落としされている。私の去年の年収は、アルバイトで約315万。一人所帯だ。この金額を所得金額に直すと、202万3600円。  大阪市の健康保険料はこの所得金額を基に計算される。 ①医療保険分 算定所得金額(所得金額-33万円)×8.09%=(2023600-330000)×0.0809…

続きを読む

国民健康保険料の多額にびっくり

今日、大阪市から国民健康保険料の納付書が届いた。それを見てびっくり。 あまり詳しいことを書くと、給料がまるみえになってしまうが、年額32万円。国民健康保険料って、これぐらい高いものなのでしょうか。これまでは失業を繰り返し、減免申請ばかりしていたので、月1万円ぐらいしか支払っていなかった。計算方法を調べると、基礎算定所得金額(所得金額-33万円)の13.58%と、世帯割と人数割りが課せられ…

続きを読む