国民健保減免措置で少し生きる元気

生きるってひとつひとつのことをクリアしていくことだなと思う。今年度の国民健康保険料の通知書が届いた。金額を見てびっくり。年間45万円。毎月4万5千円。健康保険でこれだけの金額は払えない。自営業者のように、毎年毎年、ある程度の所得のある人は可能かもしれないが、職を失って収入ゼロの労働者が払うには大きすぎる。それで、役所に雇用保険受給資格者証を持って減免を申請した。その結果、すぐに減免措置をしてく…

続きを読む

仕事に価値観を置かず、それ以外の価値観も人間にはありだ

失業すると、すぐにお金に困る。失業保険は3か月待機だから、お金が入るのが早くて5月。その間、何もしなければ貯金はすぐに底をつく。年金は失業給付を受けず待機中であってもストップだ。まるっきりお金が入らないから、何か仕事を探さねばならない。職に就いている間は仕事に追われ、仕事をやめれば、早く働くように仕向けられる。私は馬車馬か。社会システムは会社を自己都合で辞めれば、あたかも自己責任で生活しないさ…

続きを読む

冬空の中でのボーリング作業

大阪でも冬空が続いているが、福井県や富山県など北陸地方なら、どれほど寒くて厳しいかと想像する。去年は12月末まで北陸の山の現場でボーリング作業をしていた。だから今年に入ってのさらなる冬の寒波で、どれほど現場が困難を極めているか、と思う。  まず、宿から現場へ行く道筋から困難が始まる。雪が積もればスリップの危険がある。国道沿いは除雪されるが、そうでないところは雪道の上を車を走らせる。慣れて…

続きを読む

1か月働く(給料28万円)と、年金額(国民・厚生合算)は3083円増額される

厚生年金のある会社へ勤めれば、将来もらえる年金はどれくらい増えるのだろう。私が勤め始めた会社には厚生年金が付いてる。何年ぶりだろう。そういうわけで、以前調べた資料を持ち出して間単に計算してみた。  計算式は次の通りだ(老齢厚生年金)。  平均標準報酬月額×7.125/1000×平成15年3月までの被保険者期間の月数+〔平均標準報酬額×5.481/1000×平成15年4月以降の被保険…

続きを読む

ある目標に向って

 僕は今、あることに挑もうとしている。それはなんとか飯を食べていくことだ。歳をとり、身体の機能が弱り始めた今、徐々に生きていくことが難しくなってきている。農業も考えた。でも、お金が必要だし、経験も体力も。そして農業をやることに生きがいが見出せるのか、と言う本質な問いに、明瞭な返答ができない。農業をやる必然性があるのかどうか。  それで、どうしてこれから飯を食べていこうか、と言う問いかけが…

続きを読む

地質調査業でも進む仕事の分業と固定化

 やっと高知の出張は終了した。約4ヶ月間いた事になる。その間、何をしていたかというと、ボーリング調査で得た試料を、洗い、泥を取り、岩石をきれいにして写真を撮り、その観察をして、柱状図にまとめてパソコンに入力する仕事をしていた。力仕事でもなく、かと言って単純作業でもない、それなりの経験が必要な仕事であるのだけれど、なにせ正社員でなく、アルバイトだ。本当なら,それらの柱状図をもとに、地質断面図を書き…

続きを読む

休日に宿にとどまる虚しさよ

11月30日、日曜日の朝日。宿舎の窓から撮影。丁度雲から朝日が昇り始める時。時刻にして6時40頃かな。少し単調で、ありきたりな日の出でありながら、かと言って大阪で見る日の出とはそこに広がる海の大きさ、力強さが違う。この海は果てしない海原の始まりだ。太平洋なのだ。四国の険しい山並みもここで途切れ、海の中に没する。海の中にも、四国南部を形成する四万十帯の砂岩泥岩互層が続くのだろうか。多分、南海ト…

続きを読む

だからこそ、今を・・・

人の心は移ろいやすい。ちょっと前まで熱い感情を抱いていたのに、ちょっとしたしぐさや言葉で冷めてしまう。一度冷めると、もうだめだ。今度は顔を合わせるのも、言葉を交わすのもうっとうしくなる。心って、ほんと微妙な物なんだ。 仕事も同じだ。何かをやり遂げると言う、使命感や充実感があれば、時間をかけるのも有意義に思える。でも、仕事に心が入らず、どうでもいい感じを抱くと、とても自分が軽くなって、存在…

続きを読む

ブログは大事な道具

丁度2週間ぶりのブログ。先月は休みが2日間だけで、29日働きました。それも朝8か9時ごろから、晩9時過ぎまで。帰宅時間はいつも10時を回っていました。アルバイトの日給制なので、36万円ぐらいになりそう。生まれて一番働いたのでは。車を運転していても、眠くて眠くて仕方がありません。仕事はまだ途中で、ちゃんと出来ているのかいないのかわかりませんが、大きな山は越したみたい。ボーリングの管理と言う、これま…

続きを読む

ボーリングという厳しい肉体労働

真夏の暑い陽射しの中で働かれている方、ご苦労さん。私はそうした中で、現場監督的な立場なのだが、それでも泥まみれ、汗まみれになる。実際に、ボーリング機器を動かしたり、その助手をされている方々の、辛さ厳しさは、一言では言い表されない。この時期に、この業界に入ってくると、2~3日でやめてしまう。それでも、若い人の中には、厳しい肉体労働と、徒弟的な親方の叱咤にめげずに、頑張っている人もいる。そういう若…

続きを読む

地質調査技士試験日を日祭日にして下さい

 全く個人的なことなのですが、13日の土曜日に地質調査技師の資格試験があったのです。これは地質調査に携わるものにとって、とても大切な資格。民間資格なのですが、法律上、営業所にはこの地質調査技士かもしくはこれに該当するような人を置かなければならないのです。実際、地質調査の仕事をする上で、この資格か、技術士の資格がなければ、技術者としては認めてもらえず、仕事が出来ない仕組みになっています。 僕…

続きを読む

林道での脱輪でとても悲しくてつらい思いをしました

一昨日に福井から大阪に帰ってきた。その日は恐ろしい出来事に遭遇した。現場作業が終わり、二人の人とお疲れさんと言って別れ、車でバックして帰ろうとした時、車に何か尋常ならぬものを感じた。右の窓を見ると、すぐがけが迫っていた。そうだ、ここは山の中の林道だ。町のコンビ二感覚で、バックしていた。それで、すぐにブレーキをかけたが、右前輪が脱輪。恐る恐る車から降りると、70度ぐらいの急傾斜に、わずかに前輪が載…

続きを読む

ボーリング調査の必要性

私たちが生きている大地て予想できないものなのですね。例えばすぐそばに山と山がある場合、その間の平地に家を立てたり、畑を耕したりしている。山がすぐそばだから、地盤が堅くて、山の岩石が平地のすぐ下に出ていると考えがちです。 でも、ボーリング調査をすると、そんなことはありません。特に海が近いと、山と山の間は大昔に、海が入り込んでいて、そこが入り江だったことが一般的です。だから、すぐそばに山があ…

続きを読む

社内ネットワーク(プロキシサーバー)の解除方法について

 ノートパソコンを社内のネットワークにつないいでいて、今度出張した際、旅館のインターネットにつなげようとしてもつながらないことが生じる。ネットに詳しい人なら、簡単に設定を変えれるのだろうけれど、私みたいに、アルバイト社員は他の人になかなか聞く機会も無く、使えないままになることが多い。 それで、昨日、パソコンを触っていて、その問題が解決したように思った。つまり、プロキシサーバーのチェックをは…

続きを読む

非正規社員の増大が日本の活力を失わせている

アベノミクスで株価が乱高下している。円安で輸出企業が一安心と言うのもつかの間、又円高になってきているし、株価も下がり気味。 僕が思うには、景気は簡単には上向かないと思う。それは今は日本国内だけの経済ではないからだ。新聞の論調や統計を見ていると、日本人自体が内向きだ。そして国内の社会システムそのものが、差別的だ。そのため、多くの国民の力をそいでいる面がある。一部の人だけの日本社会になってい…

続きを読む

雇用に見る、日本社会の傾向

私は半失業状態だ。週1回の仕事はあるが、それでは生活できないので、アルバイトやパートを探している。その中で、ますます明瞭になってくるのが、パートの仕事の多さで、その求人の特徴が安定的化と長期化を求めていることだ。不思議なのだが、パートに正社員と同じように長期で、しかも継続して働いて欲しいのがわかる。その一方で、賃金は900円まで。つまり、安く、長期的に、安定的に働いて欲しい、と言うことだ。そう…

続きを読む

アルバイトとしての主体性

 私は今日から仕事が無くて自宅待機になった。アルバイトだから、休んでいても給料は出ない。今度の月曜日は動態観測と言って、水位や地すべりの傾斜計の変動をパソコンに吸い上げる仕事があって、その日は一人で車で1時間半走らせて現場へ行く。その後、又仕事が無くて、1週間後、動態観測に行く。週1日の仕事。これで、飯が食えるのだろうか、食えるはずが無い。 再び、空いた日に仕事が来るのを待つだけ。仕事が来…

続きを読む

明日から地質調査の現場管理の仕事

会社の仕事で、地すべり調査のボーリング管理の仕事をすることになった。建設関係では、施工管理や現場管理の仕事があって、その管理技術者次第で、現場が順調に進んだり、滞ったりする。私は、初めての管理の仕事。ボーリング作業が順調に進めるようにするのが仕事なのだろう。なのだろうと言うのも、この仕事をよく知らないから。 これから勉強します。 ・まず、現場の状況を、貰った資料から頭に入れることだ…

続きを読む

若狭の風景の見納め

 若狭湾へ5~6ヶ月、仕事の関係で行き来した。この写真は3月5日、大阪へ帰る車中で撮影したもの。青空が広がり、穏やかな海原が拡がっている。ほんとのんびりした光景だ。春間近という感じ。 でも、11月以降の冬の厳しさは、大阪の人間には想像できないものだ。毎日、雨か雪、晴れる日が少ないのだ。一時晴れていたとしても、すぐに曇って雨が降り出す。しかも横殴りの強い冷え冷えする雨だ。現場作業は雨がと…

続きを読む

地質調査の基本、コア観察について

全く人には興味の無いことを書きます。興味の無い話っていかにつまらないか、の見本にしたい話です。 コア観察の方法について。 1、RQDを書くことで、コアの長さの概要を知る。 2、全体の岩級を考える。D級かCL級か、CM級か。 3、どこまでD級か、見当をつけながら、岩盤の硬軟のランクを考える。 4、ハンマーで金属音か、そうでないのか、Bかそれ以下か。コアで考えるのではなく、岩片で考…

続きを読む

 日本海(若狭地方)と大阪

日付が変わり昨日になりますが、昨日(8日)舞鶴から大阪へ帰ってきました。いつも使う高速バスなのですが、この日は珍しく4台のバスが出ていました。しかも4台目も超満員。50人ぐらい乗れるバスですから、18時発に200人ぐらいの乗客が大阪に向かったことになります。多分3連休の始まりの金曜日だから自宅に帰るのだと思うのですが、いつもはせいぜい10人前後。これで採算が取れるのか、いつも心配していたのですが…

続きを読む

私の妄想

MIKEの「思い出の九十九里浜」をyoutubeで聞いていたら、去年の忘年会の宴席を思い出した。その席には、コンパニオンが10名ほど来てお酒の相手をしてくれたのだが、若いコンパニオンが何人かいて、そのうちの一人が僕の横についてくれて、話し相手やカニ足から身をほぐしてくれたりしたのだが、なんだかとてもいい雰囲気に感じられて、若いときに戻ったような気持ちだった。その子が離れた後、又、もう一人藤圭子…

続きを読む

新しい商売

 森昌子に限らず、人それぞれには好きな歌手がいて、それは時間と共に過去の人になって行く。しかし、過ぎ去った過去でありながら、今も再び感動させられるなら、それはまさしく現在だ。現在を商売にしたなら売れる。それは過去の動画と、歌声のミックスだ。CDやレコードだけなら、飽きがくる。だから、一般投稿の動画と歌手の歌声をミックスしたDVDを発売したらどうだろうか。CDは著作権とかありそうだから、無理として…

続きを読む

休みの日のつれづれ

休みの日に自分が書いたブログを読み返すことは楽しい。僕は特に森昌子のことを書いては、youtubeでの動画もアップしているので、自分の文や動画を見て楽しんでいる。毎日の日常のことも大事なのだけれど、歌のほうが心が和んでくる。 今日も一日の初めに、パソコンの前に座り、メールをチェックしたり銀行口座の残金を見たりしてから、おもむろにブログコーナーへ行く。ブログの参照数をチェックしたり、yout…

続きを読む

失職、さまよえる人々(朝日新聞1面記事)を読んで

今日の朝日新聞の1面トップは”限界日本”の特集記事、「100円で夜をしのぐ」だ。職を失った人が、夜の12時を回ると、マクドナルドにやってきて、100円のホットコーヒーを注文して、それを飲みながら一晩そこで過ごし、そして朝、又消えていくのだ。私自身、それと同じようなことを、最近もやっていたので、ほんと身近な話だ。私の場合は、仕事の関係で、夜の2~3時間をマクドナルドで過ごした。店員もアルバイトだし…

続きを読む

原発を含む、日本のエネルギー供給の不安定さ

今日のNHKのクローズアップ現代はエネルギー問題を取り上げていて、見ごたえがあった。 まず問題は、エネルギーについて世界中がその発掘や開発、供給や受け入れなど大きく動いていて、変革が進んでいることだ。 アメリカではシェールオイルが発見され、それが100年分の埋蔵量を持っているとかで、熱気に包まれているらしい。アメリカがエネルギーの消費国から産出国になるとも言われている。そのシェール…

続きを読む

日本原電のリーフレットから見る活断層調査

日本原子力発電所は、自社の広告宣伝用にリーフレット(一枚刷りの印刷物)を頒布している。その中で、私が興味を持っている活断層についてのリーフレットが何枚か発行されているので、活断層とは何か、何がこの原発で問題になっているのかをそれを元に考えてみたい。  敦賀原発では浦底断層と言う、活断層が走っており、それに接近してD-1破砕帯が発電所の2号機の下を走っている。浦底断層は活断層だと、学会も原電…

続きを読む

新年は体調不良から始まりました

新年明けましておめでとうございます。 今年は体調不良で、せきが止まらなく、体も何かしんどい。それでも、昨日初夢を見たし、ブログを書く気持ちも、ようやく少しづつ出てきた。年の始まりはよくなかったが、これから、徐々に体調を上向かせ、8日からの初出勤に備えたいですね。 今年の正月は、住吉大社のガードマンから始まった。昨年来の福井県の出張の疲れが最高潮に達するときに、31日の夜の徹夜仕事で…

続きを読む

今日は雪でした

今日、日本海側は雪。ボタン雪やあられが降り続いた。雪は綺麗だが、解けるとビシャクシャになり、濡れて冷たいし、汚い。大阪は快晴だったのにな。三田あたりから雪空になり、丹波篠山辺りからうっすら雪化粧。福知山辺りでは、本格的な雪だった。舞鶴や若狭では10~15cmほど積もっていていた。平坦な道はそうでもないが、坂道や山道になるととても危険だ。 今週は日本海側を行ったり来たり、また飛騨高山方面歩も…

続きを読む

自民党の国土強靭化計画を感情的に批判する

自民党が今回の衆議院選で優勢らしい。また、国土強靭化計画で100兆円とか200兆円とか公共事業で投資するという。このことについて、論理的に批判は出来ない。でも、感情論から言うなら、ばかげているといいたい。 なぜばかげているのか。日本の借金は1000兆円だという。そのために、日本は財政破綻に陥ろうとしている。そのために、消費税を上げて、国民から税金を取ろうとしている。その税金を、ダムや河川…

続きを読む