大阪・大正区出身”具志堅幸次”さん、初のメダリスト学長就任

 今日(5月5日)の朝日新聞2面、”ひと”欄に「五輪メダリストとして初めて日本体育大学学長に就いた」として、”具志堅幸次”さんが取り上げられていた。新聞記事によると、日本体育大学は学生数6500人で、具志堅さんも同校出身者で、日体大関係者の五輪メダルは128個で日本全体の4分の一に及ぶ。この春、第12代の学長に就任、初のメダリスト学長だという。  この人の名前を聞いたとき、もしかして大阪市…

続きを読む

大阪市は活気に乏しい団体だ

街に活気があふれるのは、多くの人がいたり、人通りが多かったり、商店が開いていて人の出入りが多かったりするからだろう。 インドネシアのバンドンでは、大阪市内位の広さで、町中が人であふれ、商店であふれ、車やバイクであふれていた。歩道には屋台もひしめいている。そして多くの人が屋台やレストランで食事をしている。インドネシアではコーヒーもジュースもミネラルウオーターもよく飲む。日本のように歩道が通行するた…

続きを読む

大阪市、人口の都心回帰顕著、周辺部減少

平成27年の大阪市の国勢調査の速報値が回覧板で回ってきた。私の住んでいる大正区の人口は6万5千人余りで、5年前の平成22年国勢調査より4千3百人余り減少、率にして6.2%の減少となった。大正区の人口は昭和50年8万8千人余りいたのだが、その後5年ごとの調査で1千~3千人の減少が続いてきたが、さらにこの10年の2回の調査では人口減少が進み、4千人台が続く結果となった。町別でも2~3の町で少し増え…

続きを読む

派遣国で自衛隊員が武器使用で住民を殺したら、それは自衛のためという言い訳が通用するのか

(写真は大正区役所前交差点付近での”戦争法案”反対のデモ風景)  今日、大正区の区役所噴水前広場で、安全保障法案、いわゆる”戦争法案”に反対する集会とデモが午後6時からあった。私は家がすぐ近くなので見に行った。集会は共産党系の「青年有志の会」主催で、集まったのはせいぜい30~40名ほどで、若者より中高年齢者が多いようだ。家族連れなど少なく、やや盛り上がりに欠くものだったが、…

続きを読む

大正区内の市バスの急行、なんばまで延長すれば?

大阪・大正区民として次のことを提案したい。 今は大阪市バスの急行が鶴町~大正橋・ドーム前千代崎橋間を、朝夕たくさん走っているが、これの一部を、鶴町~なんば間に変更して、朝夕、なんばまで急行を走らせてはどうだろうか。 今のなんば行の市バスは、いつも混んでいる。これは大正区からなんば方面へ行く人たちが多いからで、大正始発の地下鉄鶴見緑地線は心斎橋経由だから、乗り換えがあって、不便だ…

続きを読む

大正区を特集する雑誌があった!

 Meets(エルマガジン社発行)と言う雑誌の6月号に、「すごいぞ!大正」と言う特集記事が載っている。これはまさしく大阪・大正区の特集記事で、大正区に住んでいるものにとって、なんとも気になる雑誌である。それで、近くの本屋に行って購入した。税込みで480円だった。  Meetsと言う雑誌は初めてで、ローカルなコミュニティー誌らしい。月刊誌で通巻324号。だから初刊が1990年と雑誌にしては2…

続きを読む

 橋本は嫌いだし、維新も嫌い。でも、市役所はもっと嫌い。

 今日本全体が高齢化が進み、その医療費の高騰が問題になっているが、今日の新聞にも載っていたが、仕事をしていたり、身体を動かしたりする人は、家でじっとしている人より、健康で医療費も少なくなる傾向が顕著らしい。長野、山梨、福井、鳥取県などは高齢者の有業率が高いが、逆に一人当たりの医療費が少なくなっている(朝日新聞4/20)。  歳をとっても働いているほうが元気だと言うことらしい。最近、市立の…

続きを読む

私の千島公園ー昭和山への思い

 深刻な文章を書いていると、こちらも気が沈んできます。もう少し明るい気分になれるように、私の住んでいる大正区の千島公園の風景を書きます。  大正区の千島公園には千島体育館や、サッカー場(運動場)、昭和山があります。もとは貯木場で、昭和初期や明治は新田と呼ばれる、畑や田んぼのようでした。それより以前は、浪速の津であり、浅い海で、砂が堆積してました。それ以前は20~30メートル位の海の底であり…

続きを読む

火力発電所建設計画の中山製鋼所や鶴浜の写真、個人的意見など

今日の新聞に大正区の中山製鋼所が、遊休地を賃貸し、最大10万キロワットの火力発電所を新設する計画がでていたが、この発電規模と言うのは、どのくらいだろうかと、ネットで探してみたが、良くわからなかった。それほど大規模ではなさそうだ。中山製鋼所のある船町地域は、工業地帯だから、そうした発電所を建設すること自体問題はないだろうが、石炭火力や、木材を燃やすバイオマス発電では、二酸化炭素やその他の有毒ガス…

続きを読む

大阪大正区に石炭火力発電所新設?環境は大丈夫なのか

今日の朝日新聞に、大阪大正区に石炭や木材を燃料に使う発電所を新設する計画があると載っていた。場所は大正区の中山製鋼所内の遊休地で、発電能力最大10万キロワット、約20万世帯の家庭で使う電気を作れるという。  中山製鋼所は遊休地を、エネルギーメーカーに賃貸し、そのメーカーが石炭火力あるいは木材を燃やすバイオマス発電を建設する計画らしい。この製鉄所は、大正区船町にある昔からの工場。小さな付属病院…

続きを読む

柴崎友香著「春の庭」を読んで

この著者は大阪・大正区出身で大学が府立大学と言うことなので、大学卒業まで大正区にいたのではないだろうか。「春の庭」の舞台は東京・世田谷なのだろうけど、著者の基本的なものの考え方と言うのは、とても大正区的なのだ。  何が大正区的かと言うと、物事がほとんど展開せずに、1箇所でとどまっている点や塀越しに隣の庭を覗く点や市営住宅の13階がでてきたり、話し方などからそう感じるのだ。大正区という…

続きを読む

”たいしょう花火大会”は芸術的だった

今日、大阪・大正区鶴浜で「たいしょう花火大会」があった。鶴浜と言うのは大正区の南側にあって、やや陸の孤島的なところ。花火大会はそこの埋立地の大きな空き地で行われた。すぐそばに、スウェーデンの家具店・IKEAやコンテナ埠頭、港大橋、なみはや大橋など臨海部の巨大な建造物がある。台風が迫る中での花火大会だった。  午後6時すぎ来賓の挨拶のあと、司会者のカウントダウンで始まった。初めは、ま綺麗な…

続きを読む

今年の芥川賞受賞者”柴崎友香”さんは大阪・大正区出身

(大正区長と柴崎友香さんの対談風景、広報誌より) 今日届いた大正区広報誌「こんにちは大正」10月号に、今年の芥川賞受賞者で、大正区出身の”柴崎友香(しばざきともか)”さんの大正区長との対談が載っていた。柴崎さんは1973年大正区生まれで大正育ち。中学は大正東で高校は市岡高校、大学は大阪府立大学とのこと。受賞作品は”春の庭”(文藝春秋社、7月28日発売、1300円)。  大正区長…

続きを読む

大阪市営バスの不愉快な車内放送

今日、大阪市バスで不愉快な車内放送があった。  運転主がじかにマイクを使って「期限の切れた定期券を見せて降車しようとした場合、それが故意であっても、あるいは忘れていた場合でも、規定に従って、対応させてもらいます」とはっきり言った。その前には、はっきりと聞いていなかったが、何かの場合、運賃の倍の「420円払ってもらいます」と言うようなことを言っていたのをぼんやり聞いていた。 僕は8月…

続きを読む

私の大正区の原風景

今日の朝、愛媛県から大阪・大正区へ戻ってきた。毎週・毎週このような同じことを繰り返している。愛媛県の出張先にとどまることも出来るが、自宅の母親や息子のことが気にかかるし、身内でありながら疎遠になることが心配だからだ。やはり、顔を見、言葉を交わしてこそ、愛情も深まると思う。  バスで大正区役所前に降り立ち、噴水広場や昭和山の緑を見ると、やっと地元に戻ってきたなと言う意識が沸いてくる。この目…

続きを読む

森昌子の歌から見える、剪定された樹木の悲しさ

私の自宅近くの歩道を歩いていると、大きく太った歩道沿いの樹木が、こんもりときれいに剪定されている。以前は縦横に枝を伸ばし、我が物顔に葉を広げてえらそばっていたのだ。それがこの状態だ。大正通りの植樹帯もきれいに剪定されて、上品ないい家庭の庭木のようだ。 僕はwaklmanで森昌子の歌を聴きながら、この光景を見て悲しくなってきた。いつの間にか自由さが、はつらつさが元気さがなくなってきた感じがし…

続きを読む

若い女性に「タバコを下さい」と声をかけられました

今日、私は大正区役所前の交差点で信号待ちしていたら、若い女性に「タバコ1本くれませんか」と声をかけれた。私はその人に「私はタバコをすいません」と答えたら、そのまま通り過ぎていった。私はその女性をチラッと見たが、服装もへんなところはなかったが、少し表情が暗い人だった。 私は、そのまま公園を散歩しながら、なぜ、その女性は私に声をかけたのだろうかと考えた。若い女性が、私のような年配者に声をかけ…

続きを読む

大正区と言う町、大阪市民であると言うこと

 今日の朝、愛媛から大阪へ帰ってきた。自分の生きてきた町、大正区に足を踏み入れると、少し安心する。区役所前の噴水広場や千島公園の木々を見ると、さらに安心感が広がる。愛媛の山ばかり見ていると、平坦地が広がる大正区はいいなと思う。大正区は、町としてはとても住みよい町になりつつある。スーパーが多くあり、広い公園や港がある。道路が広い。交通がやや不便だが、その分、通過車両が少なく、交通事故も少なくなって…

続きを読む

大阪市内で一番美しい場所で森昌子の”帰郷”を聞く

今日、私は夕方、walkmanをもって近くの大正内港へ散歩へ行きました。実を言うと、気持ちがなんだか重く、晴れなかったのです。いつもは昭和山へ行くのですが、海を見るのも又違う気持ちになれるのです。内港の浅瀬には、たくさんのカモが泳ぎ、大きなサギも一羽いました。森昌子のLP「北風は暖かい」の中の幸せにかける橋、あなたの灯台、花追いびと、とかけていると、だんだん気持ちが上向いてきて、”帰郷”を聞いて…

続きを読む

昭和山の風景(大阪・大正区)

新年早々、靖国のことや死刑囚の絵画のことなど微妙な問題をブログ上で取り上げましたが、気持ちを害された方には申し訳ありません。いつもはそういうことを考えているわけでなく、自分のことや仕事を中心に考えています。それで、気分転換に、近くの千島公園の昭和山の風景を撮影しました。いつも散歩するところですが、ほんと、公園と言うところは人をひきつけますね。そこで遊んでいる人や子供、あるいは落ち葉や色々な木々…

続きを読む

低床式のためか大阪市営バスが混んでいる

このごろ、通勤に使っている大阪市営バスが混んでいる。バスの構造が低床式なためか、乗車口が中央にあって、後ろに座席が集まり、中央から降り口付近に人が集まる仕組みだ。座席が後ろにあるので座りにくく、一人がけが目立つ。降りる際も、後ろの人が降りにくい。それと、便数が少なくなっている感じがする。難波から鶴町4丁目行きは、常に乗車率が100%を超えているのではないか。大正橋から乗る人も多く、常にぎゅうぎゅ…

続きを読む

大正区・昭和山の下草の輝き

今日、大正区の昭和山に久しぶりに散歩へ行くと、下草が黄緑色に映えて、とてもきれいだった。雨露に濡れたあとの草木は、いつもと違う様相を見せてくれて、いつも新鮮だ。でも、下草がこんなきれいとは。大阪近辺の方は、一度この下草の緑を見に来てください。 昭和山は秋も深まると、黄色や赤の落ち葉が山の斜面を埋め尽くす。例年、散歩する時、いつもこの光景にはっとする。

続きを読む

大阪大正区でのアマチュアグランプリーの演奏を聴いて

昨日、大阪大正区の区民ホールでT-1ライブ グランプリと言うのがあって、過去にグランプリを受賞したアマチュアバンド3組と大正区出身のプロドラマーである大山大吾郎さんと彼が率いるバンドAmigo’sの演奏があった。  大正区では4年ほど前から、アマチュアミュージシャンを育て、「大正区を元気にしていこう」と、ライブを通じて審査して、優秀者をグランプリに選び、大正区音楽親善大使に任命し、1年間色…

続きを読む

大正区(大阪市)の自慢?

私の住んでいる町、大正区のいいところをあげました。興味のある方は、一度大正区へ足を運んで下さい。 1、多分大阪市内で、一番バスの運行本数が多く、乗客数が多いこと。 2、朝夕、頻繁に、急行バスが運行されていること。大阪市内で、バスで急行があるのは、大正区だけでしょう。 3、大正区は四方が海か川に囲まれているので、区外へ行くには鉄道か橋か渡し船でいくしかありません。 4、大正区には、な…

続きを読む

30年後、老体がうごめく町になるのか(大正区)

国立社会保障・人口問題研究所と言う機関が、2040年の日本の人口予想を発表した。その高齢化ぶりに驚くが、市区町村ごとにも発表されていると新聞に載っていたので、webサイトから、大阪市大正区の人口予想を見てみた。 男女・5歳階級別データー(大阪市大正区) 男女計   2010年 2015年 2020年 2025年 2030年 2035年 2040年 総数    69510  66660 …

続きを読む

大正区千島公園・昭和山の再設計を

これらの写真は先週の土曜日に撮ったもの。菜の花が咲き、向こうに千歳大橋(青色)と港大橋(赤色)が見える。海は大正内港で、千歳大橋の下を渡し船が通っている。大正には7箇所渡し船が残っており、それが大正区の売りなのだが、果たしてそれを喜べるのかどうか。というのは、それらが残っていると言うのは、大正区の交通が不便であることを物語っているのだ。隣接する区と海か川で囲まれた大正区は、橋を通るし…

続きを読む

津波への提案

 関電の原子力発電所の構内のビルには、ここが海面より何メートルかのラベルが張ってある。原発は山を切り開き、海に面しているので、案外高い位置にあると思っていたら、海面より数メートルの高さでびっくりしたことがある。海水を取り入れるために、海を埋め立て思ったより低い位置に、そのビルはあったのだ。回りは山に囲まれているので、案外高いと思う錯覚に陥るのだ。 それで、津波への提案だが、ビルや今建ってい…

続きを読む

大正区は本当に”リトル沖縄”?

このごろ、私のふるさとである大正区が注目を浴びている。NHKの連続テレビ小説「純と愛」が原因のようだが、先日も地下鉄のつり広告に、”リトル沖縄、大正区”というポスターが目に留まり、驚いた。宣伝主は、大阪地域の私鉄や大阪市のようで、観光地として紹介しているようである。ポスターの中の写真には、リトル沖縄を表わすような、大正区の沖縄料理や観光スポットらしきものが写されていた。らしきものと言ったのは、な…

続きを読む

今日の夕刻

今日はすばらしく良い天気で、紅葉を見に行きたかったのですが、家のベランダの片付けや掃除をしている間に、昼を過ぎてしまって、その機会を無くしました。それで、近所の昭和山へ出かけました。  昭和山もきれいに色づいていて、赤や黄色の葉っぱと山をおおう小さな雑草の緑色のコントラストがとてもきれいで、感嘆の声を上げずにはいられません。水仙の新しい葉っぱもあちこちに出てきていました。写真にとって、こ…

続きを読む

大阪市大正区へ一言

自分が住んでいる街、大阪市大正区へ一言。 ①千島公園前の大正通りの電柱を地下化して、すっきりした町並みにして欲しい。ここは大正区のメイン通りだから、200mでもいい、通りに沿って街路樹を育て、気持ちのいい大正通りにして欲しい。   ②大正駅周辺を区画整理して都市化したらどうだろう。ドーム前が近代的な街づくりが進んでいるのに対し、大正区側は住居地域が広がり、道も狭く、公園も少ない。大正駅…

続きを読む