検察庁が不正を不正として起訴できるのか。政権の意を汲むことの恐ろしさ

安倍政権は検察庁の人事を手中に収めて、自分らのした「桜を見る会」の不正会計や河井元法相らの贈賄事件、森本・加計学園、自衛隊の公文書書き換えや集団的自衛権を含めた安全保障法制の出たら目さ、そのほか嘘の答弁も含め、ありとあらゆる無責任な政策の責任を回避しようと検察幹部の人事権に触手を伸ばしたのだろう。嘘ばかり言い続けて、それを暴かれ、法律違反になるのを恐れて、検察権力を手中に収めて、捜査の手が伸びな…

続きを読む

行政府の総理に促されて、憲法改正議論を進める矜持なき国会議員たち

安倍首相が臨時国会の所信表明演説で、憲法改正へ強い意欲を示している。具体的には、自衛隊を憲法に明記する自民党案を憲法審査会に提示することにあるらしい。憲法審査会で提示することで、国民の議論を喚起し、改憲議論を加速させたい思惑がある。そのため、自民党では憲法審査会の幹事を一新したそうだ。ある面、安倍首相は本気で、憲法改正を企んでいるが、公明党が慎重姿勢であるほか、野党第一党の立憲民主党が反対姿勢…

続きを読む

今、三権分立はどうなっているのだろう。政府は「放送番組へ介入するな」

 日本の権力というのは、国会、内閣、裁判所とそれぞれが権力の行き過ぎを監視する役目があって、それでバランスがとれると思うだが、果たしてそうした関係が成り立っているのだろうか。今の日本政府は、まるっきり独裁政治であり、好き放題なことをしている。BPOの指摘をよく聞くべきだ。安倍首相や自民党は「放送番組への介入をやめろ」。「番組に口出しするな」。「思想・信条・表現の自由を守れ」  裁判所は、…

続きを読む

「高浜原発再稼動認めず」だけでなく、「集団的自衛権」の違憲判決を願う

 今日の朝日新聞の1面は、福井地裁「高浜再稼動認めず」だ。詳細は読んでもよく読んでもわからないが、個人的には”納得いく判決”だと思う。つまり、原子力規制委員会の安全基準では、住民の本当の安全は守られていないと言う判断らしい。個人的には2年ほど前、高浜原発で3ヶ月間ほど、地質調査に携わったことがあり、原発内での多くの労働者の姿を見るにつけ、雇用や地元への経済波及効果は大きいと思っていた。 …

続きを読む

三権分立のうちの司法権に期待する

 行政権が肥大して、その時の首相が好き勝手に憲法を解釈し始め、しかも国会議員がそれに対して太刀打ちできないとき、あと残るは、三権のうちのあと一つ、司法権に期待するしかないのではないだろうか。 先に福井地裁は、経済的な不利益よりも、人格権をその上位に置いて、貿易が赤字になろうが、電気代が上昇しようが、そのために人の命を危険にさらすことはできないと言って、原発稼働の差止めを認めた。 原発…

続きを読む