全国に所在未確認の子供が1000人近くいると言う現実

今日のNHK”関西熱視線”は、所在未確認の子どもが全国で976人ほどいる話を取り上げていた。大阪や横浜で児童が学校に来ないので自治体が所在を確認したところ、殺されていたと言うふうな話だった。 番組では大阪市中央区の例を取り上げていた。この区では未就学児の定期健診や入学式に来ない所在未確認の子どもが26人ほどいる。これに対して区役所では担当者が1軒1軒確認して回るが、住民票の住所地に居住し…

続きを読む