政治とどう関わり合うか

今日の朝日新聞社説に投票への意味合い、政治へのかかわりについてのとても大事な考え方が書かれていたと思う。その文章を抜粋した。 「・・・  民意は数の多寡だけではかられるべきものでない。1990年代の政治改革以来、多様な民意を反映させることよりも、「決める」ことこそが政治だという政治観が広がった。  政治家も、有権者も、民意と言うものへの感性を鈍らせ、勝ち負けを決めるための、ただの「道…

続きを読む

大阪3区、公明党と共産党、どちらに入れよう

昨日、大阪へ戻って新聞を見てびっくりした。私の住んでいる大阪3区(衆院選挙区)は、公明党と共産党の2党しか候補者がいない。こりゃあえらいこちゃ。誰に入れよう。  最低線、公明党には入れない。自分の家の宗教でもない宗教を支持する政党によう入れない。仏壇に向って、南無阿弥陀仏と言う代わりに、他の言葉を言うようなものだ。まして、今の安倍総理を支持する政党だ。いくら平和の党だと言っても、集団的自…

続きを読む