終戦記念日のつれづれ

今日は終戦記念日。テレビや新聞では、戦争の悲惨さを報道する番組が目立つ。そしてそのほとんどがはじめて聞くような話ばかりだ。戦後70年、私達は先の日中戦争や太平洋戦争、東南アジアでの戦争など、何一つ系統だって知らないのではないだろうか。せいぜい受験勉強での日本史の中での出来事ぐらいだ。それらは言葉の羅列であり、その戦争の真相や原因、人びとの暮らし、そして戦争の持つ悲惨さを教えていない。

もし、今度日本が戦争に巻き込まれたら、あるいは戦争をしかけたら、その戦争は第二次世界大戦とは違った、想像を絶するような戦争になるかもししれない、と私は想像する。例えば、空襲警報もならず、一晩で日本の中心都市の多くが無数の核弾頭の奇襲攻撃を受け、廃墟に帰する。

こうしたことが起きないためにも、私達は知恵を絞らなければならないと思う。安倍首相はこうした悲惨な状況に日本がならない様に、防衛力を強化しようとしているのかもしれない。でも、多くの人はもっと違った方法で、こうした悲惨な状況に陥らない方法を探している。それは人びととの会話であり、交流であり、外交であり、相手の文化や歴史を学び、相互に理解を深めようとする方法だ。力で対抗すれば、相手も力で対抗してくる。それは危機を増大させ、何かのはずみで、あるいは傲慢さで、あるいは自分の買いかぶりで、衝突がおきるかもしれない。

だからこそ、私達は違った方法で、平和を模索しなければならない。それは相手を知り、自分を知り、客観的に世界史や日本史を俯瞰できる文化的知識を持ち、また民主主義をその根幹から問い直す力かもしれない。私たち一人ひとりが平和や民主主義について考え、それを実現していったら、一夜にして廃墟に帰するような悲惨なことが起こらないだろう、と私は思う。

"終戦記念日のつれづれ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: