コロナワクチンの接種が進まないと、オリンピックは無理だろうし、菅内閣は持たない

コロナ対策の新聞記事を読んでいると、菅首相の対応の鈍さ・言動にはほとほとあきれる。オリンピック・パラリンピックをどうしても開催したいようだが、明確な工程表やワクチン接種との兼ね合いなど、国民に明らかにしなければならいことは山ほどあるのに、どのようにして開くつもりか、ワクチン接種がどの程度進むのか、それで本当に国民の安全が保たれるのか、そうした重要な説明がほとんどない。緊急事態宣言の発出も、延長もすべて遅いし、その内容が伝わらない。あと2か月こんな不安な状況下で、オリンピックが開けるとは到底思えない。開けたとして、白々しいものになるに決まている。本当に一流選手を呼びこめるのか。外国からの選手団やメディア関係者を入れて大丈夫なのか、緊急事態宣言下でもやるのか。疑問は尽きない。


菅首相には気の毒だが、辞めてもらった方が国民のためだろう。この人が対策をしてもきちっとした対策はとれないのではないか。いたずらに感染を長引かせ、死者の数を増やしてしまわないかと心配する。コロナワクチンの接種の混乱が長引くようだと、オリンピックどころではないだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント