大阪市のワクチン接種予定、64歳以下は全くの未定

 大阪市のワクチン接種は思ったより遅い。これは全国平均なのか、大阪市が際立って遅いのか不明だが、こんな遅さではウイルスの感染拡大を防ぐことはできない。大阪市の現状はとても厳しい。

 例えば、5月1日現在、接種券の発送は71歳以上の人に終了しているが、64~70歳の人は5月6日あるいは11日に発送され、5月8日あるいは13日に到着予定だ。一方、64歳以下の人は接種券の発送時期さえ未定である。そしてその時期は85歳以上で予約開始が5月17日から、第1回接種が5月24日から。また、75~79歳の人は6月7日からである。ところが64~74歳の人は予約開始日や1回目の接種時期も未定だという。従って64歳以下の人の接種券の発送からその接種時期まではしばらくお待ちください、としか書かれていない。

 つ まるところ、接種時期の日程が決まっているのは74歳以上の人であり、それ以下の人は1回目の接種時期は未定なのだ。その74歳の人でさえ、1回目の接種は1か月後の6月7日からというのだから驚きだ。これではもし仮にオリンピックを行うとすれば、7月時点で大阪市民の64歳以下(市の人口の4分の3を占める)の人の接種は多分間に合わないだろう。コロナの感染におびえながら、オリンピックを見ることになるのだろうか。

 菅総理はこのオリンピックを「コロナに打ち勝った証として開催したい」と言っていたが、「コロナに打ち負かされて恐怖におびえながらのオリンピック開催」ということになる公算が強い。こんな状態ではオリンピックの選手団を歓迎して迎えられないし、開催そのものが感染拡大の元凶になりかねない。困った事態だ。

大阪市のホームページより「新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について」よりコピー
https://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000524920.html
発送日
 令和3年4月19日(月曜日)から令和3年5月11日(火曜日)にかけて、次のとおり年齢層で区切りながら、段階的に発送します。

接種券の発送時期について

対象者(年齢) 発送日(予定) 到着予定日の順
昭和14年4月1日以前に生まれた方(82歳以上) 令和3年4月19日(月曜日) 令和3年4月21日(水曜日)前後
昭和14年4月2日から昭和20年4月1日に生まれた方(76歳から81歳) 令和3年4月23日(金曜日) 令和3年4月26日(月曜日)前後
昭和20年4月2日から昭和25年4月1日に生まれた方(71歳から75歳) 令和3年4月28日(水曜日) 令和3年4月30日(金曜日)前後
昭和25年4月2日から昭和29年4月1日に生まれた方(67歳から70歳) 令和3年5月6日(木曜日) 令和3年5月8日(土曜日)前後
昭和29年4月2日から昭和32年4月1日に生まれた方(64歳から66歳) 令和3年5月11日(火曜日) 令和3年5月13日(木曜日)前後
 (注)令和3年3月31日現在の年齢です。

 (注)お手元に届くのは、発送日から2日後の見込みです。

 (注)令和3年3月31日現在の大阪市住民基本台帳に基づき、接種券を発行します。

予約開始日等
予約受付は、年齢層ごとに段階的に開始しますので、しばらくお待ちください。

高齢者の接種スケジュールについて
対象者(年齢) 予約開始日 接種1回目 接種2回目
昭和11年4月1日以前に生まれた方(85歳以上) 令和3年5月17日(月曜日) 令和3年5月24(月曜日)から 令和3年6月14日(月曜日)から
昭和11年4月2日から昭和16年4月1日(80~84歳)令和3年5月24日(月曜日) 令和3年5月31日(月曜日)から 令和3年6月21日(月曜日)から
昭和16年4月2日から昭和21年4月1日(75~79歳)令和3年5月31日(月曜日) 令和3年6月7日(月曜日)から 令和3年6月28日(月曜日)から
昭和21年4月2日から昭和32年4月1日に生まれた方(64歳から74歳)準備が整い次第、ご案内します


 5月中旬以降、予約対象になった方から順次、はがきを送付します。はがきが届いたら記載内容をご確認のうえ、予約をお願いします。

接種のながれ
接種場所を探し、予約する(注)予約受付開始後から
大阪市のホームページ(サイト内検索「コロナワクチン予約」で検索)で、ワクチンを受けることができる接種場所を探します。

(接種場所)【現在調整中です】

個別接種(取扱医療機関)
集団接種(本市設置会場)
(予約方法)

個別接種(取扱医療機関)は医療機関に直接ご連絡ください。
インターネットの「接種予約サイト」または大阪市新型コロナワクチンコールセンターにご連絡ください。


当日の持ち物

接種券(必ずお持ちください)
予診票(あらかじめ記入の上、お持ちください)
本人確認書類(運転免許証・健康保険証等)
注意事項
現在、何らかの病気にかかって、治療(投薬など)を受けている方は、その病気を診てもらっている医師にあらかじめ接種してもよいか確認してください。
1回目の接種後、標準的には20日の間隔をおいて、2回目の接種が必要です。(集団接種会場では1回目の接種後、その場で2回目の集団接種の予約を受け付けます。 )
お問合せ先
大阪市新型コロナワクチンコールセンター
受付時間:9時00分~21時00分(年中無休)

電話番号:0570-065670 (ナビダイヤル) 、06-6377-5670(ナビダイヤルがご利用いただけない方)

対応言語:日本語・英語(English)・中国語(汉语)・韓国語(한국・조선어)・スペイン語(Español)・ポルトガル語(Português)タイ語(ภาษาไทย)・フィリピン語(Filipino)ベトナム語(Tiếng Việt)

なお、外国語の受付時間についても、上記のとおりとなりますが、一部の外国語については、次のとおりとなります。

タイ語(ภาษาไทย):9時~18時
フィリピン語(Filipino):平日9時~17時30分
ベトナム語(Tiếng Việt):10時~19時
ファックス:0570-056769


64歳以下の方の接種開始時期について
 大阪市では、4月に供給されるワクチン量の見込みが少ないことから、まずは高齢者施設の入所者への接種を優先して行う予定です。5月以降には、一定まとまったワクチン量の供給が見込まれることから、高齢者(令和3年度中に65歳以上に達する方)への接種を開始する予定です。それ以外の方(64歳以下の方)の接種の開始時期は、しばらくお待ちください。

 今後のスケジュール等について、詳細が決まり次第、ホームページ等でお知らせいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント