菅総理は辞めてほしい。自民党・公明党はもう一度、国民の方を見るべきだ。視線がおかしい。

菅義偉のような人物を日本の総理大臣にする国民の意識を私は憂う。

この人は安倍内閣で嘘ごまかしを擁護してきた張本人だ。安倍が言う嘘を、さも嘘ではないかのように国民に知らせてきた人物だ。嘘の上塗りをこともなげにやってきた人物だ。このような人物を日本の総理大臣に担ぎ上げる自民党や公明党は何なのだろう。国民より自分らの与党としての利益を優先していのだろう。だからこの人たちの視線の先は国民の利益ではなくて、自分らの党や関係する人々、業界団体の利益があるのだろう。

 学術会議の推薦人の任命拒否も、いくら菅首相がその妥当性を国会で説明しても、国民が納得できる説明はできていない。総合的・俯瞰的な見地や多様性を求めてたといっても、それがどうこの人たちの任命拒否と結びつくのか誰一人国民は理解できない。誰一人納得も理解もできないことを国会でのうのうとしゃべる総理って何なんだ。この人の言動を理解できるのは自民党や公明党の人たちだけだろう。それはこの人たちが、国民の利益を考えていなくて、自分らの利益と結びつくから、そのことを明確に言えないから、訳の分からぬ言動を擁護し、他のあらを探して、論理をすり替えてごちゃまぜにしながら、自分らの利益に誘導していくのだろう。

 今現在のコロナの対応を見ても、何かおかしい。本当に国民のことを思っているのだろうか。これだけ感染者が増えて、国民が行動を自粛して好きなことも思いとどまり、精神的にも不安や恐怖を感じながら生活をしているのに、菅政府や自民党など与党は Go to トラベルやイートやらを行って、それも何千億円もの税金を使って人の移動を勧めているのだから、自粛を自分で行っている国民の意識とは、全く乖離している。菅総理や自民・公明党はコロナ感染を総合的・俯瞰的に見ているのだろうか。一部の業界団体や飲食関係の人々の経済的な面ばかりを見ているのでは、国民の生活や命を守ることはできない。今日もニュースでしていたが、妊婦さんはコロナに感染しないか、常に不安を抱えながら生活をしているため、3割程度“うつ”的症状があると統計的な調査を報告していた。普通の人だって、自粛疲れは相当なものだ。ウイズコロナ、ではなくて、コロナを断ち切ることが求められているのだ。感染拡大の要因になりうるような人の移動や飲食を、税金を使ってやるべきでない。それに科学的根拠がないといっても、人の移動により感染の確率は高まるのだ。それは自明の論理だ。税金を使ってまで確率が高まるようなことを今やるべきでない。しかし、菅総理はじめ自民党や公明党は国民の利益とは違う方位を向いているのだろう、何が何でもGo to を進めたいようだ。経済を回すといっても、そういうことをしなくても、最低限の経済は回っており、逆に感染者が増せば、国民が自粛して、さらに経済的な悪化を招くばかりだ。

菅総理は総理としての資格はないし、即刻辞めてほしい。自民党・公明党はどこの方向を見ているのか知らないが、もう一度国民の方を見てほしい。多くの税金を使って、自分らの友達や関係者、団体を優遇しないで、国民の方をもう一度見てほしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント