映画「忖度政治」ーこういう映画があればたぶん面白いだろう

こういう題名の映画を作って欲しいな。「忖度政治」(日本社会の基底をなす嘘・格差・分断)。

あらすじはこうだ。自分の不都合なことは言わない。相手が尋ねても、人事のことだからとか、忘れたとか、記憶にないとか・・・ごまかす。専門家の意見はそれが不都合なら、その専門家を外して、自分の意見に従順な専門家を呼び、従わせる。自分の意見以外は聞かない。うるさい奴は、外へ飛ばす。間違いを指摘されれば、論理をすり替えたり、相手のあらを探したり、嘘を言うか、文書を改ざんする。一連の安倍元総理から現菅総理までの政治のやり方を活写すればいい。活写するだけで題名通りの映画ができそうだ。それはまさに今進行しつつある自民党・菅政権をそのまま活写すればいい。オリンピックの記録映画より、「忖度政治」という映画の方が面白いはずだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント