クルーズ船乗客 ”悪いサイクル”との意見

ネット上の毎日新聞配信の記事によれば、WHO(世界保健機関)の統括医師がクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の船内で次から次に感染者が見つかり、船内待機が延長される状況は「悪いサイクル」だと指摘し、日本政府と協力して「悪いサイクルを断ち切って、感染者を上手に管理し、乗客が下船できる方法を見つけなければいけない」と述べたという。

 船内に閉じ込められた乗客のことを思うと、本当にそうだと思う。新型コロナウイルスがどこに潜んでいるかわからない船内で、それに感染しないようにじっと船室に閉じこもっているのは、自由を奪われ、身動きできない囚人と同じだろう。しかもいつ誰が発病するかもわからないとなれば、生き地獄ののようだ。かといって、3千人余りの人を自宅にそのまま帰して、感染が日本国内に広がるようだと、取り返しのつかない事態となってしまう。

記事に書いていたが、待機者の精神的ケアーや十分な管理のもとに健康な人を下船させる方策を考えなければならないだろう。健康な人は貸し切りホテルに移動させ、そこで生活してもらうとか、精神的負担を緩和させる方策を政府は考える段階にきているのかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント