年金金持ちをこれ以上増やすべきでない。年金の上限を設けよ

働いている高齢者の年金は、65歳未満の場合、給料と年金の合計が月28万円、65歳以上の場合は月48万円を超えると、越えた分の半額が年金から減らされる仕組みがある。これを「在職老齢年金制度」というらしい。

 この制度の対象者は現在、60~64才は約88万人で減額総額は年約7千億円、65歳以上は約36万人で約4千億円。厚生省ではこの制度を廃止したいらしい。

 この制度により、高齢者の働く意欲を阻害しているというのが理由。ただ、この制度を廃止することにより、合計1兆1千億円の年金支出が増えることになり、年金財政を考えると、負担が大きいという。それで全体を廃止するのではなくて、65歳以上をこれまでの月「48万円超」から「62万円超」にすれば、対象者は約18万人に減り年金の財政負担も少なくて済むという。

 この記事を新聞で見て、開いた口がふさがらないというか、なぜ、これほどまでに、高給取りすなわち裕福な者を、さらに優遇する必要がるのかと疑問を感じざるをえなかった。今の制度で月48万円超、というのは、例えば、給料が28万円もらっているなら、年金が22万円の人なら、2万円が超過していることになり、減額は1万円。その合計は49万円だろう。

 一方、新しい制度の「62万円超」では給料28万円プラス年金22万円、合計50万円をそのまま受け取れる。もし年金が30万円なら合計58万円となる。新しい制度で、高給取りはますます高給を受け取ることになる。

 年金制度がひっ迫しているとか言っておきながら、こうした高給取りへの優遇は目を覆うばかりだ。逆に年金と給料を合わせて、「月40万円超」に引き下げるきだ。65才以上ではいくらのお金が必要なのだ。子供を育てているのか?教育費が必要なのか?住宅ローンを組んでいるのか?もうそれらは終わっているのではないか。年金の最高支給額には上限がないという。年金金持ちが多くいるのではないか。年金金持ちをこれ以上増やさないためにも、年金の上限を設けるべきだ。今はいくらでも天井なく年金を得られる仕組みのようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント