池上氏に「選挙に頑張ったところに予算をつける」と言い張る自民党二階幹事長

自民党の二階幹事長の発言には前々から、ちょっとおかしなことを言う人だなという感じを抱いていた。ネットのヤフーニュースにテレビ東京の選挙特番で、池上彰と二階幹事長が言い合いをしたことが出ていた。そのニュースの発信はスポーツ報知だから、全面的には信用できないが、つまりこういうことなのだ。

 二階幹事長は6月末、「選挙を一生懸命頑張ったところに予算をつけるのは当たり前」と発言して、野党から批判を浴びていたらしい。池上氏はテレビのライブ中継で「利益誘導型の政治ではないか」と質問を二階氏にぶつけたらしい。それに対して、二階氏は「私が会長を務める団体に奮起を促すのは当然のこと。一生懸命頑張っていただいた人たちにそれなりの対応をしていくのは当たり前のことじゃないですか?」と反論した。スポーツ報知によると、その答えに、池上氏が「ほーっ」とため息をもらすと、二階氏は「ほーってなんですかぁ」と不快感をあらわにした。池上氏が「予算をエサにしてるのでは?」と畳み掛けると、二階氏は「そんなゲスなこと言ってるわけじゃないよ」とちょいギレ。さらに池上氏は「今の言い方は、ゲスなことを言ってることになるんでしょうか?」と応戦したという。

 ま、何でもない言い合いなのだろうけど、選挙に頑張ったところには本当に予算をつけるの?二階氏はそういう対応は当たり前だと発言している。

 一体予算って、どこの誰のお金なの。自民党の応援に頑張ったところに予算をつけるのが当たり前なの。予算って、自民党や二階氏のお金なの?政党助成金など自民党のお金を回すならわかるけど、国民の税金を自民党を応援している業界団体に回すなんて、それはあり得ないでしょう。でも自民党はそういうことをして肥え太っているの?

 予算は国民が消費税やら所得税やら、ガソリン税やらそのほかいろいろなところで働いてその結果、払っているお金なのでしょう。
そして再び消費税を上げると言っている。ほんとでたらめな幹事長だな。これが自民党の考えなのか。


この記事へのコメント