安倍政権により人々の声は消え去り、人は暗黒社会へと導かれる

 安倍内閣・自民党政権の問題点というのは、あまりに数多く、きりがないくらい国民の生活の隅々にまで及んでいる。その問題点の一つが、議論なき政策だ。それは幅広い人々の意見や専門家の意見を聞くことなく、一部の人たちによる、熟慮なき議論で済ませているということだ。  そうして生まれた政策の一つが、幼児教育の無償化だろう。義務教育の無償化なら、それが義務である限り、国の政策により無償化するのは、政策…

続きを読む

ひどい記者会見場だ。気に食わない質問をする記者が悪いのだ

東京新聞・望月記者の質問に対して、菅長官は事実に基づいて質問をしてほしい、ここは個人的な意見を述べる場ではないと返答している。ある面、もっともらしい意見だが、望月記者はそれに対して、取材に基づいている旨、言明している。そうだとするなら、それは明らかに、個人的な意見ではない。いろいろな話を聞く中で、そうした考えを持つに至ったのだから、それは明らかに国民の声を反映したものに他ならない。東京新聞本社へ…

続きを読む

勝手に文章をねつ造する総務省官房長ー常識では考えられないことが日本政府内で起こっている

恐ろし出来事がいとも簡単に何でもなったように、素通りしていく。これが日本の官僚や国会での出来事だ。西村清彦・統計委員長の思いを、官僚が勝手に推測して、それを衆議院の総務委員会に配った。総務省官房長が野党理事に配った文章は「統計委員長は非常勤の時間給のアルバイト。これ以上本務に支障をきたす形で協力できない」(朝日新聞)と書かれていた。  だが、この文章について、西村氏は「事務方とのよりとり…

続きを読む