今を、精一杯生きる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「あなたの質問に答える必要はない」ー言ってはらない言葉だ

<<   作成日時 : 2019/02/28 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

官房長官というのは、安倍内閣のスポークスマンということらしいが、東京新聞・望月記者と菅官房長官とのやりとりを見ていると、相手への非難や両者のいがみ合いのように映る。だが、記者会見での場で、記者の質問に腹を立て,まじめのこたえようとしない姿勢はやはりよいことでない。官房長官は行政を行うものの立場としてそれを説明する必要があり、多くの読者を持つ記者からの質問に対しては、それが耳に痛い話であったり、推測の域をでない話であっても、それに対して丁寧に答える必要がある。なぜなら、それが行政を行っている側の国民への義務であり、それによって国民へ伝えるマスメディはより正確に、事実を伝えられると思えるからだ。

しかし、今回、菅長官は記者への質問に対して、「あなたの質問には答える必要がない」と明確に言った。こういう言動は、国民へ大きな悪影響を及ぼすし、言ってはならない言葉だ。それは言論を制限し、記者の質問を委縮させる。すなわち、国民が自由にものが言え、自由に考え、自由に発言することを制限するような政権側の発言だ。

 民間の人が、記者に「あなたの質問に答える必要はない」と言ってもいい。それは自由だ。しかし、政権側のスポークマンが大手新聞社の記者に、こうした言葉を言えば、言論を委縮させる効果がある。

 こうした発言は、その時は政権側に都合がよくても、いつの間にか徐々に人々の思考を狭め、自由な発言や自由な発想を抑えてしまう。結局、それは日本社会の停滞へとつながる。安倍政権が長く続けば続くほど、日本社会が世界の中で、存在感がなくなっていくのも、うそや欺瞞やいいとこどりのつまみ食いばかりしているからで、問題の原因の追究がなされていないからだ。菅長官のこうした発言が続くようだと、いよいよ日本は坂道をさらにこれげ落ちていくのが目に見えている。

朝日デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM2W4HPWM2WUTFK00Q.html

youtube


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「あなたの質問に答える必要はない」ー言ってはらない言葉だ 今を、精一杯生きる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる