元徴用工訴訟で韓国大統領「謙虚な態度を」と日本を批判。安倍政権の恥べき傲慢さ

韓国の文大統領が元徴用工訴訟事件で日本を批判したという。文氏は「(韓国)政府は司法の判断を尊重しなければならない」と述べ、韓国大法院の判決について「三権分立で政府は介入できない。日本は判決に不満を表明できるが、仕方がないという認識を持つべきだ」と指摘し、「政治的に争って未来志向を妨げるのは望ましくない」と日本の対応を批判した。文氏はまた、「日本政府は、もう少し謙虚な態度を示すべきだ」と述べた。

 文氏のこれらの言い分は全くその通りだと思う。日本政府は韓国政府に対して、あたかも最高裁判決を無視し、日韓合意が上に立つようなことを言ってきたが、それは日本政府ががほとんど裁判所の判断をいい加減にに考えている証拠であり、三権分立をまともに考えていない発言だ。裁判所の判決を尊重する、そのことは権力を互いに監視していく上では極めて大事なことだろう。公文書を書き換えが行わわれても、何ら責任をとらない安倍政権のおごりは、隣国韓国でも十分知れ渡っているのだろう。辺野古への対応も含め、そこに「日本政府は謙虚な態度を」という発言に結びついたのではないか。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック