ばらまき予算では消費税増税に反対せざるを得ない

 私はこれまで消費増税に賛成だったが、立憲民主党が消費増税に反対していることや、安倍内閣が来年度の予算で100兆円を超える予算になりそうだという報道、それに加えて保育園の無料化、自動車税や住宅ローンの減税など、とても住民に増税を押し付ける政策がとられていないことに、こんなバラマキ政策の下で、住民に増税を押し付けることはできないと、今は消費税導入に反対に気持ちが変わってきた。

 現状を詳しく調べていないが、安倍内閣になって予算規模がかなりふくらんできているのではないか。政府のお金の使い方を見ていると、日本が好景気で将来的に何の不安もなく、少しぐらい借金してでも、すぐに返せるような雰囲気を持っている。だが、実際は日本の借金は1000兆円を超え、世界的には危険な水準だそうだ。毎年毎年、税収入より支出の方が多く、20~30兆円の赤字国債を出して、不足分を補っている。そうした歳入不足を補い、借金を減らそうとするのが、消費税の10%への増税のはずだ。ところがどうだ、安倍内閣は防衛費など毎年増額し、予算規模を拡大するばかりだ。財政健全化など、頭に少しもないようなお金の使い方だ。これでは普通の家庭なら、借金地獄で、首が回っていなくて破産しているだろう。

 財政健全化のためでなく、ばらまきに使うのなら、消費税増税の必要は感じない。それどころか、住民を苦しめることになるし、将来にわたって、国民の活力が落ちていくことになるのではないか。企業が潤えば、そのしずくが国民を潤すとか安倍総理は言ったが、多くの国民は貧困にあえいでいる。将来への不安も一向に解消されない。今の政策では消費税値上げに反対せざるを得ない。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック