思い付きで決める総理大臣は必要ない―社会が劣化している

思い付きで即断・即決する総理大臣なのか。消費税増税に合わせて幼児教育・保育を無償化するらしいが、そういう議論を聞いたこともなく、幼児教育・保育を無償化するメリットが浮かばない。あるいはそういう要望を聞いたことがない。保育園の待機児童が多くいるから、それを何とかしてほしいという声は新聞などで取り上げられているから、理解できる。しかし、保育園料を無料化してどうしようというのだ。それなら、ますます保育園が足りなくなり、必要な人が預けづらくなるのではないか。赤ちゃんを預けなくていい人まで、預けなくては損という気持ちを呼び覚ますのではないか。お金が余っているのならそれでもいい。だが、人手不足だ、少子高齢化だで、これから先ますます、働き手がいなくなり、子供が少なくなっている状態で、何の議論も、データーの裏付けもなく、思い付きでことを決められたら、その多くはみじな結果になるだろう。

 外国人材の受け入れるための在留資格の創設も、ほとんどデーターの裏付けも深い議論もなく、思い付きで決めたようなものだ。中身はこれから。

9条に自衛隊を明記する案も、何の議論もなく安倍首相の思い付きでいつの間にか、自民党案になって、国会発議に近づいている。ほとんどでたらめ、思い付きでことを決めようとする。日本社会の劣化も甚だしい。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック