吉村市長の独断か、サンフランシスコ友好都市解消ー慰安婦問題を自分の言葉で伝えたのか

大阪市の吉村市長がサンフランシスコとの友好都市関係を解消した。その理由というのが、中国系団体からの慰安婦像の寄贈を受け付けないよう申し入れて来たにもかかわらず、サンフランシスコ市長が市有化に署名し、その後市長が急逝したため、再度、新市長に市有化を撤回せよと申し入れてきたものの、返答がないため、解消に踏み切ったというわけだ。

 その慰安婦像の碑文には「姓奴隷にされた何十万人の女性」と書かれており、吉村市長は「日本政府との見解と違う」と抗議していた。これが一連の流れのようだ(朝日新聞デジタルより)。

 こうした経緯を読むにつけ、何もサンフランシスコ市と友好都市関係を解消するほどのことかと思う。大阪市議会や市民の意見を聞いたのだろうか。吉村市長の独断で決めたのなら、吉村市長が市長を辞めたあと、再度、大阪市はサンフランシスコと友好都市関係を結ぶよう交渉することだ。過去の歴史的な見解の違いで、関係を解消したことは、市民の本望ではない。

 例えば、数年前の日韓合意では、日本政府は慰安婦問題について「当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感している。」と述べている。つまり、慰安婦について、軍の関与の元、行われ、責任があると言っているのである。ただ、碑文では「姓奴隷」という表現があり、これはおかしいが、アメリカではそのあたりが、姓奴隷と慰安婦とがごっちゃになっている可能性もあるかもしれない。ただ、国連人種差別撤廃委員会においても、慰安婦問題は、軍の銃剣での脅しがあったのかなどの有無は別にして、女性の人権問題として扱っている。日本の資料でも、軍の管理の元、実際、多くの女性が兵隊相手に売春を行っていたことは事実なのだ。

 吉村市長は政府見解と違う、というが、政府見解とはどういうものだろう。それをサンフランシスコ市長に詳しく説明したのだろうか。まず吉村市長自身が日本軍の過去の行いを勉強し、政府の言葉でなく、自分の言葉でサンフランシスコ市長に見解を述べることが必要だろう。他人の言葉で伝えても、相手には響かないだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック