花は死後、生命の再生を託す?

 花の持つ生殖機能に何か自然の神秘さを感じ、それを供える仏事の合理性に何か納得するものがある。人は死ねば、お寺さんを呼んでお経を読んでもらって、その遺体のそばには多くの花を飾る。花は美しさだけでなく、そこに生殖機能を持っている。おしべ、めしべ、子房、胚珠、胚、それらが受粉して、種子ができ、それが発芽し、再び生命を得る。死と命が抱き合わせになっている。それが花なのだ。

 考えれば、何と不思議な存在なのだろう。今は彼岸花が盛りだ。タンポポに似た黄色い花を咲かせる花もある。多くの植物はその生命で、人間や牛やそのほかの動物を養っている。その生殖機能を受け持っているのが花であり、一方で世界を美しく見せる役割も果たしている。人が死ねば、どうなるのか、それはわからない。死ねばお寺さんが呼ばれ、お経を読み、棺に遺体が置かれ花を添えて、霊柩車で運ばれ、火葬され、灰になる。死後、極楽浄土に行けるか、地獄か、あるいは生まれかわるか、それはわからない。しかし、生を授かり、生を明け渡すときに、花が添えられるということは、再び生命を得られるという、希望、あるいは約束とは考えられえないだろうか。棺に多くの花を添えることは、仏事であるけれど、生と言うものの再生を願っているとも受け取れる。

 仏教というものの奥深さを感じられる、花を供えるという行為だ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック