国民は新しい首相を待っている

安倍首相よ、いつまで首相をしているのだ。多くの国民は新しい首相を望んでいるのだ。この閉塞感漂う社会に、早く新しい風を吹き込んでくれ、新しい日本にしてくれ、と。岩盤に穴をあけると言いながら、自分の友人や経済界の一部の人に利益を供与する、そんななやり方に、もううんざりしている。悪いことを官僚にさせ、自分はいつまでも知らぬと言い通し、権力者のままか。世界中の指導者は見ている。日本の総理大臣は官僚に責任転嫁するずるい人だと。そうした評価は国民へも波及する。日本国民は悪いことに対して、悪いとよう言わない、政治意識・人権意識の低い人々なのだ、と。

 安倍氏が首相になってから、ありとあらゆるところで社会の格差が進んだ。世代間、男女間、持てる者と持たない者。それと同時に固定化が進み、国民の将来への不安が増大した。国民の不安感は、首相が場当たり的な嘘ばかり言っているからだ。そして官僚がそれに追従する。うそがまかり通り、正義がない政治だから、国民が不安になっているのだ。首相が冷徹に現状を分析し政策に生かすならともかく、自分に都合よく解釈し、人の意見に耳を貸さずうそを平気で言うから、国民の政治不信は増大するのだ。

この記事へのコメント

  • 格差社会は昔からでしょう。
    別に安倍有りきでは無いが、消去法で現状が良いと考えている人が多いのでは。
    (極端な左派・右派は別として)
    例え彼が暴君であったとしても、今日も日本は平和です。ローマ時代と似ていますね。
    2019年07月11日 20:07
  • わくわく世代

    格差社会が昔からあったとは思いませんね。バブル期ぐらいまでは日本人の多くは中流意識がありました。多くの人が人並みだと感じていたと思います。今はそういう意識は失われています。例えば図書館に行けばどうでしょう。昔は大阪市の職員がしていましたが、今は職員より、派遣社員かアルバイトのような人多くいます。会社では正社員や契約社員、派遣や定時社員、パートとかいろいろな形態があります。それがその人の意向ならいいですが、正社員で採用されたいのに、募集時が非正社員でしかなったため、否応なしで働いている人が多くいるのではありませんか。格差というのはこうした社会形態の中で、賃金や仕事や生活に表れて、生じているのではないでしょうか。働くものが派遣という形態を作ったとは思えません。やはり、使用者側の意向だと私は考えています。

    >さん
    >
    >格差社会は昔からでしょう。
    >別に安倍有りきでは無いが、消去法で現状が良いと考えている人が多いのでは。
    >(極端な左派・右派は別として)
    >例え彼が暴君であったとしても、今日も日本は平和です。ローマ時代と似ていますね。
    2019年07月13日 17:05

この記事へのトラックバック