大阪は生活道路の改善が必要だ。無電柱化や緑化で街に色彩を

今日の新聞記事によると、昨年1年間、自治体をまたいで転出・転入した人口は、大阪圏(大阪、京都、奈良、兵庫)では転入より転出が多い「転出超過」となっており、一方首都圏では逆に転出より転入が11万人多い「転入超過」となっていた。日本全体では首都圏への1極集中が進んでいるという。首都圏のうち、東京都へは7万5千人余りの転入超過だった。都道府県別では大阪、愛知、千葉、埼玉、神奈川、東京、福岡の6府県が転入超過だったが、それ以外は転出超過。

 大阪が魅力のある町かどうか、と言われれば、在住者として魅力のある街とは言えないと思う。というのは大正区に住んで、将来への「希望がわかない」というのが大きいと思う。多分住んでいる人の意識は魅力ある街だから住み続けているのではなく、そこが職場に近く、また住み替える場所やお金がないという点にあると思う。大阪の転入超過は一部地域の利便性が優れているということの証明かもしれない。

 私が住む街、大正区は利便性に欠けるし、人口は減少気味だ。しかし、このところ車が増加しているのが感じられる。イケアや東京インテリアができたせいか。あるいはトラックの大型化により、数は増えていないのに、車が大きくなって道路を大きく塞ぐからだろうか。

 でも、他の町と比べるとまだ、道路が広く安全性が担保されていると思う。大阪ではいたるところ歩行者や自転車の安全が担保されていなくて、身の危険と隣り合わせの場所が多くみられる。大阪全体で言えば、まず生活道路の改善が大事だと思う。日本は高速道路には多くのお金を注ぎ込んで、商用車やトラック中心の道路建設を行ってきたと思う。そのためか、生活道路はみすぼらしく、歩行者は車が来れば危険にさらされる。子供が遊びに行くのも、親として気が気でない。やはり、行政としては生活道路の改善をまず第一に進めるべきではないか。

 そしてまた、道路の美しさ、安全性の観点から電柱をなくして、電線の地中化を進めてほしいと思う。大正通りを無電柱化すれば、見た目がきれいで気持ちがすっきりする。御堂筋がきれいなのも、電柱がないからだ。こうしたことは町の誇りになる。そして街路樹をもっと大きく育て、街の見栄えをよくすることだ。そうすれば、区民の自信にもつながると思う。大正区には市民の小さな住宅や市営住宅が多い。自慢できるものといえば、区画整理が進んだ道路網だ。その中心が大正通りだ。千日前通りや中央大通りは高速道路が道の真ん中を通り、美観という点では劣る。御堂筋やなにわ筋、国道1号線沿いなどの一部道路を除き、大阪では街路樹が乏しく、町の風景が灰色だ。これでは街としての色がないに等しい。人が住む町には色彩が必要だ。高速道路にお金をかける前に、生活道路を改善し、道が人々の暮らしに身近になれば、町に色彩が生まれ、生きる希望ももっと湧いてくると思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • のり

    道路を改良するということは、誰かが立ち退くということです。
    立ち退かせて場所を広げることで歩道の整備や自転車通行帯の
    整備を行うのです。誰が率先して他人のために立ち退くのかと
    思いますが。きっとゴネますね。
    ならば1人だけが立ち退くのは不公平だと物分かりの良いこと
    を言うのなら、その次は区画整理です。そうなるとコミュニティ
    も影響を受けますがどうしますか。
    ええカッコしいの多い東日本なら区画整理も可能でしょうが、
    自分主義の性質の強い西日本では無理だと思います。
    2018年05月20日 13:21

この記事へのトラックバック