安倍談話、全体としては良かったかな、と思う

昨日発表された戦後70年の安倍談話を2~3回読み直してみた。また、朝日新聞の社説やいろいろな方面の政治家や憲法学者などの記事も読んでみた。幅広い意見が出ていて、うなずきながら読むことができた。

僕個人の意見も、ほとんどそれらの意見の中に含まれていると思う。

全体としてはこれまでの談話や考え方を引き継いでいるし、侵略や反省の言葉も含まれているし、二度と戦争をしないようなことも言っている。戦後の復興については、敵国側の善意や支援に感謝し、寛容により国際社会に復帰できたとしている。捕虜や亡くなった人への哀悼の意も表している。戦時下において、女性の人権が踏みにじられたことにも触れている。

でも、やはり、自分の言葉としてしゃべっているというより、「二十一世紀懇談会」の報告書に従った書き方や米国や中国、韓国から、問題を指摘されることを恐れての、一般的な差しさわりのない見方・言葉を述べているように感じる。新聞記事などでも指摘されているが、主語が明確でなく、日本の首相としての反省というより、一般的に、侵略や戦争はよくありません、と言っている感じがする。これでは何のための談話か、という疑問も当然わいてくる。

でも、僕は主語が不明確であっても、饒舌で、少しぐらい問題があっったとしても、やや一般化された侵略や戦争であっても、安倍首相がそういう言葉遣いをしなければならなかったことに、また、侵略という言葉を使ったこことに、少し安堵する。もし、先の戦争が欧米の植民地の開放や日本の自衛戦争とか言い始めたら、それこそ日本のお先が真っ暗な感じがするし、あの戦争の犠牲者は死んでも死にきれないだろうと思う。なぜなら、もしあの戦争が、植民地の開放だと捉えたら、再び同じような過ちを繰り返さざるを得ないと思うからだ。

最後に、今回の安倍談話で、よかったと思う文章を抜粋した。こうした言葉を忠実に実践してほしい。

「・・・
これほどの犠牲の上に、現在の平和がある。これが、戦後日本の原点であります。
二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。
事変、侵略、戦争。いかなる武力の行使や威嚇も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に訣別し、すべての民族自決の権利が尊重される世界にしなければならない。
先の大戦への深い悔悟の念と共に、我が国はそう誓いました。自由で民主的な国を作り上げ、法の支配を重んじ、ひたすらに不戦の誓いを堅持してまいりました。七十年間に及ぶ平和国家としての歩みに、、私たちは静かな誇りを抱きながら、この不動の方針をこれからも貫いてまいります。
・・・」


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック