この倦怠感は日本崩壊の始まりなのか

私の今の関心はなんだろう。どのように、これからを生きていけるかだろう。今のアルバイトとしての地質調査は限界が見えてきた。大阪で過ごして、働けなくなり、仕事がなくなれば、年金だけで生きていけない。

 起業などできそうもない。それで、農業をしながら、年金の足りない分を補えたらと考えるようになってきた。ちょっとした農地で、月10万円でも稼げたらと思う。でも、それが難しいのだろう。

 今日の朝日新聞を見ていたら、安倍首相の問題点が語られていた。全くその通りだ。僕も安倍首相には恐ろしさを感じる。でも、もう言うのがめんどくさくなって来たのだ。こんな人に言っても始まらないのか。もう、あきらめの心情だ。

 国会もそうなのかもしない。日本国憲法?もう必要ないだろう。誰も、もう日本国なんて信用していないのだから。憲法なんていらない。法律だけが生き延びればいい。法律さえ、信用できなくっている。骨抜きだらけだ。そうすると、憲法に代わるものは何かと言うと、アメリカ合衆国の顔色だけだ。安倍首相が気にするのは、アメリカの顔色だけだ。沖縄知事も、辺野古の基地でアメリカへ行って話をするらしい。いつの間にか、日本は憲法がなくなり、アメリカが日本の憲法になってきたようだ。アメリカが認めれば、何でもありだ。

 私のようなあきらめが日本国中に占め始めているのかもしれない。そろそろ日本も終わりか。この諦めというか、倦怠感というか、なんなのだろう。安倍政権というのは、日本崩壊の始まりなのか。日本は崩壊して欲しくない、そう思いながら、その不安を感じながらこのブログを書いているのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック