普天間基地は日本本土へ移設するべきだろう

沖縄の問題をどう考えればいいのだろう。米軍普天間飛行場が市街地の真ん中に有り、辺野古へ移設すれば、それで騒音や墜落の危険から免れると、短絡的には考えられる。でも、沖縄県民はそれを否定した。朝日の社説では、辺野古を認めれば、沖縄県民が始めて米軍の基地受け入れを認める事になり、それは県民が米軍基地をなくしてほしいという意思に反することを認めてしまうことになるという。なんとも複雑な歴史的・心理的なジレンマがあるのだ。沖縄県民は、何も米軍にいて欲しくないのだ。県民の意思としては、日本本土に米軍の基地をおいて欲しいのだ。土地の広さ、人口を勘案すれば、当然のことだろう。それを、これまで日本政府は、沖縄の人たちに、辛抱して、米軍基地をおいてもらっていたのだ。

 沖縄の人たちは、辺野古に新しい基地を作って欲しくない。それを認めるわけにはいかないのだろう。普天間の代わりではなくて、普天間そのものを、沖縄から本土に移して欲しいと願っているのだ。

我々日本人が、この国土や国民を守ろうとするなら、沖縄の人々の意思を尊重する必要があるだろう。日本政府は、普天間の廃止や本土への移設を、米国と真剣に議論する時期に来ているのだろう。もし、沖縄の人々の気持ちを無視し続けたら、将来、沖縄は日本から離れていくだろう。なぜなら、そのほうが沖縄の人々にとって、幸せなのだから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック