”少年時代”は支離滅裂ではありません

 前回、僕は森昌子の”少年時代”を、歌が支離滅裂、と批判した。この歌は、阿久悠が作詞だ。
この歌の動画を何回か聞いていたら、2番の歌詞にそういうところが見受けられるが、全体としては少年時代の純粋な優しい心を歌っているものとして捕らえることができるので、その言葉はなかったことにします。

こういうふうに思い直したのも、動画の森昌子のあまりに強い歌い方やその透き通った声から、歌全体が例え矛盾に満ちたものであったとしても、その根底に有る純粋さのようなものがこちらにも伝わり、感じられたからです。つまり、少年時代、あるいは少女時代には、歌われたような、優しさを持っていたのかなとが感じられたのです。

youtubeから
森昌子 少年時代 http://youtu.be/fC8nSCXAzXc http://youtu.be/OjXy71UP9Iw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック