美は女性が所有しているものなの?

男は女性に美しくあってほしいと思う。そう思われる女性って言う性はそれを負担に感じないのだろうか。常に女性は化粧したりして装う。装った自分と有りの自分が、相対立しないのだろうか。男の目にさらされる女って、どういう気持ちなんだろう。もう勝手にしやがれって気持ちなのかな。それともその美しさに自分自身酔いしれているのかな。

多分、女性は男より達観しているのかもしれない。男がどう見ようが、美しさはそれは自分自身のものであり、それに男がどう言おうが関係なく、少しも揺らぎがないのかもしれない。男が勝手に美の基準を作って、ブスだの美人だのと言っていると思っているのかな。

僕は若いときから、男には美を感じなかったが、女性には美を感じる。男の美しさというのは存在するのだろうか。多分、女の美しさとは違うのだろうね。女性の美の感覚と言うのは、どんなだろう。男に対して美しさを感じるのだろうか。それは男の美の感覚とは違うだろうね。絵を見たり、音楽を聴いて美しいと感じる感性は男女とも共通しているだろう。でも、人間の異性に対する美意識は男女で違うのだろうと思う。絵画で描かれた女性に対して美しいと感じても、絵画の男性に対しては美しいと感じないだろう。美と言うものは女性が自然と所有しているのもなのかな。それは男女の生殖と関係しているのかな。

男は女に引き寄せられる。それは外見の美しさと正比例しているようだけれど、それでけではなく、心の美しさとも比例しているだろう。そうすると、美は総合的なものでもあるのだ。女が男の外見より中身を重視するのに対し、男は女の外見を重視する。美と言うものに性の匂いをかぐとともに、人間の精神も深く関与しているようだ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック