森昌子、”船頭小唄”

森昌子は18才から19歳にかけて、最も力強い歌い方をしている。声もきれいだし、説得力もある。聞くものをひきつける。”涙の桟橋”や”この胸の幸せを”が典型的だ。それと同じようなのが、この”船頭小唄”だ。この動画を、つい最近見て、その力強さに、動画に引き込まれる。この動画も、上の2曲と同じ時期のようだ。
 高校卒業時期から、19歳の誕生日ごろなのだろうか。一方で、”彼岸花”も力強く歌っている。これ以降、力強さはなくなっていくのではないだろうか。

youtubeから
 森昌子 船頭小唄 http://youtu.be/NsoO72IHPCE (52/9、18才?)
       
       涙の連絡船 http://youtu.be/2jO_xgcFsGs(上と同じ着物、でも年齢は20歳前)

       港の祭り http://youtu.be/QFm6C8wYpPs (18才)

       彼岸花 http://youtu.be/LVjKuCqfFUE (20歳)

       この胸の幸せを http://youtu.be/hWBoGU8u-e4 (18才)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック